ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛心理学

負担になる提案をする~男女の恋愛コミュニケーション~

負担になる提案をするとは?



こんにちは、ハッピーカムカムの大前です。
通常なら、相手にとって負担になる提案は避けたほうが賢明か
と思いますが、こんなとき実は
「負担になる提案をする」と効果を発揮することがあります。
それは、なんと・・・
「うっかり凡ミスをしたとき」ガックリ
みなさんは、どうしていますか?
「申し訳ありませんでした (謝罪)」
だけかもしれません。
しかし、実はここで
例)
「大変、申し訳ございませんでした。
このような凡ミス、私としましたことが・・・。
では、その損害賠償はいくらですか?」
というと、だいたいは
「何もそこまで」とか、「まあ、いいよ」
で終わります。

負担になる提案のススメ♪衝突が和らぐ場合がある



それは、凡ミスにもかかわらずそれ以上の負担をかけさせる
というのは相手サイドからみると何か悪い気がするから
です。
恋愛でも同じです。
例)
相手の誕生日をうっかり忘れたとき
私も、以前自分の誕生日をうっかり忘れられ
何だかこだわりのラーメン店につれていかれ
「???ひょっとして、私の誕生日忘れてる?」
と思ったとき
おとめ座「・・・Tさん、あのね、きっと忘れてると思うのだけれど
今日私の誕生日なんだけれど・・・」
といったら
男の子「 (パニック!)叫び 誕生日にラーメンはないよなあ、
本当にゴメン!今日の日は忘れて!やり直させて!」
おとめ座「 (内心)忘れて!ってそれもっと無理な話 笑)・・・
ああ、わかった。楽しみにしてるよ。」
つまり、余計面倒くさい、負担になるというのは
本能的に避ける傾向があるようですね。
さて、
1)小さくお願いすることで甘え上手になる
2)負担になる提案をすることで、かえって衝突が和らぐケース
の2通りをご案内しました。
もちろん、どちらも、相手への“配慮”“愛情”あってのことですよ

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.