ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

アドバイザー日記

「失われた時を求めて」1

おすすめの本


ども。代表の峰尾(♂36歳)です(=⌒▽⌒=)

昨日、本の話が出ましたので、ついでに。

今、個人的に、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」という本にはまっています。

19世紀パリの上流階級に生まれたマルセル・プルーストの自伝的小説ですが、

14巻にもわたり、実は、日本では翻訳不可能といわれ、100年を経て、日本訳が出ました。

今は、7巻まで出ていますビックリマーク

失われた時を求めて(1)――スワン家のほうへI (岩波文庫)/プルースト
¥972
Amazon.co.jp

読み応えのある内容!


僕は、今までドフトエフスキーが大好きで、ほぼ全巻を読破していました。

ドフトエフスキーは、基本的には文体がだらだらしており、読み応えがあるのですが、

油断しているとガツン!!

とハンマーで殴られた衝撃があります。

これに勝る衝撃を、100ページに1回くらいの割合で見せてくれるのが、この「失われた時を求めて」です。

詳しくは、又次回お話できたらと思います。

是非、皆さんもクラッカー

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.