ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

アドバイザー日記

国際ブックフェア~デートの知識として~

「飽きる」まで本を読み続けること



ども。代表の峰尾(♂36歳)です(=⌒▽⌒=)
今日は、東京ビッグサイトにて開催されております、「国際ブックフェア」に行ってまいりましたパー
目当ては、僕の好きな作家「筒井康隆」氏の、究極の読書術と、最新作の朗読。
筒井氏曰く、最近の現代作家は、難解だといいます。
本を読むには、基礎力を鍛える必要があり、そのためには、まず昔の純文学を読み、
一人好きな作家が出来たら、その作家の全集を読み、「飽きる」まで読みなさいとビックリマーク
飽きるということは、自分が成長した証であり、飽きたら、次の作家を見つけるチャンスでもあります。
そうして、自分のステージがどんどん広がり、どのような書物でも、世界観を理解しうる
キャパシティーが出来るのだと。
とても共感しますねグー
読書の基盤は、幼少期にあると思うのですが、
子供が読書好きになるか嫌いになるかは、ほぼ、幼少期にあるのではないかなと思います。

負のスパイラルを断ち切る



昨今の読書離れが問題視されていますが、
親があまり読書をしない→子供に何を読んだら良いかわからない→学校に丸投げ
→学校も、無難な本しか推薦できない→つまらない→読書嫌い
こんな、負のスパイラルにならないように、やはり、親の世代が、読書の楽しみを、
率先して子供達に教えられるようになりたいと思っています合格

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.