ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛心理学

いい人を演じない、やめたい

「いい人を意識しすぎるとチャンスを逃すこともある」



こんにちは、ハッピーカムカムの大前です。

さて、“いい人”=恋愛に発展するとは限りません。

単に

“いい人”、“無難な人”で終わってしまうケースもあります。


では、“いい人”、“無難な人”で終わらないパターンとは
何でしょうか?


シンプルなことで、逆で
“いい人”を演じないことですココ
そもそも本当にいい人なら演じる必要もないはずです(゚ー゚;



これは、男女ともにいえることですが
“いい人”だから好きになることではなく、
お相手が自分にとって希少価値で特別と感じるから
ほおっておかないのだと思います。



そもそも“いい人”と感じる価値観は人によって違いますし
他人の評価にふりまわされると、
本来の自分の良さを見失うことも
ありますガクリ

自分だけの“強み”をみつける



私は100人いたら、100人の個性があって
その人にしかないような魅力を皆さんもって

いるかと思います。


また、“いい人”=“個性”は別物です。


“いい人”を目指すことは、一方でその人の個性であり
希少価値から離れるということかもしれません・・・。


“いい人”というのは結果論であって漠然とした
他人の評価でもあります。



今いちど、一般論の“いい人”ではなく
自分だけの“強み”をみつけることのほうが早いかも
しれませんね。
LOVE


Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.