ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛心理学

高嶺の花の恋愛の悩み

高嶺の花とのチャンスを逃すケース



こんにちは、ハッピーカムカムの大前です。
 
「高嶺の花といわれる女性には共通の悩みがある」


できれば美人がいいにきまっている!という男性がいる
一方で、その美人と出会うチャンスがあったとしても
あることでそのチャンスを逃すケースが多いです。ガクリ


それは、コミュニケションにおいてスポットライトを相手の
「華やかさ」にそのままあててしまうことですココ


例えば、


仕事の話をずっと聞いたり、その上で
「すごいですね、僕とは世界が違いますね!」
「やっぱり美人ですね」


etc...


一見悪くなそうにみえるかもしれませんが、
こういったことは仕事でいわれなれているもので
逆効果だったりします。


それは、例えるなら会社経営者の男性Aさんがいるといましょう。


その方に、


「いくらくらい収益があるのですか?」
「社員数は何名くらいですか?」


と永遠と聞くのに近いです・・・。


これは、きっとうんざりしますよね・・・・。354354

「その人の内面に共感する」を意識する



社会的な側面というのは、社会という顔でできているのであり
本当にスポットをあて興味をもつべきところは


「その人の内面に共感する」ことないでしょうか?


社会という顔がいくら華やかであったとしても、日常生活が
全く同じわけがありません。


これは男女ともに華やかな職業にいる人ほどそうかもしれません。
表層のコミュニケーションでは、お互いに心をオープンにすることは

なく、とりあえず社交辞令でその場をすまし
「うんざり」することを繰り返すものではないでしょうか?

では、相手の心がきゅんとくるようなコミュニケションとは?

それは、また次回・・・LOVE



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.