ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

コミュニケーション

男性が自分のことを話さないのはなぜ?上手な接し方についても解説

2018年10月10日

男性が自分のことを話さないのはなぜ?上手な接し方についても解説

婚活では多くの人と出会い、話をする機会があります。出会う人それぞれに性格や考え方は異なりますが、なかには自分のことをほとんど語らない男性もいるようですね。

ここでは、自分のプライベートや内面について話をしない男性について、どのような心理状態が働いているのかを詳しく紹介していきます。

自分のことを話さない男性の心理とは?

男性が自分のことを話さないのはなぜ?上手な接し方についても解説

自分のことをあまり話したがらない男性にはどのような理由があるのでしょうか?

自分の過去を知られたくない

自分のことを話さない男性は、過去についてあまり知られたくない可能性があります。学歴・職歴や過去の交際について、いやな思い出があると、それを隠したいと思うのは自然なことかもしれません。

しかし、信頼関係が生まれることで少しずつ話をしてもらえる可能性はあります。初対面のうちは口数が少なくても、その後の交際次第で言葉数が増えてくることもあるので、じっくりと時間をかけて打ち解けていきましょう。

女性の話を聞きたい

男性のなかには、女性側の話を聞いてみたいと考えている方もいます。普段あまり女性の考えに接する機会がないと女性が何をどう考えているのか判断しにくく、自分の意見はあえて後回しにして、女性の話を聞く側に回ります。

「相手の話を聞いてから返答を考える」というケースもみられます。話をするよりも聞くほうが楽な方や、思慮深く慎重に会話を運ぶタイプもこのパターンに当てはまります。

男性側から話を展開しないときは、女性から話を展開しつつお互いの共通点を中心にトピックを選び、仲を深めていくようにしましょう。

自分のことを話すのは恥ずかしい

自分の話をするのに慣れていないと、ここぞというときに恥ずかしさが勝ってしまい、うまく話せず他者に会話を委ねてしまいがち。男女問わず、気恥ずかしさから口数が減ってしまう方は少なくありません。

普段プライベートな話をしない方、またはプライベートの話をしてこなかった方は、一対一でのトークにも慣れていないため気恥ずかしさが出てきてしまうのです。

こうした恥じらいがある方には無理強いをせず、打ち解けるまで世間話などで繋ぎましょう。プライベートの話は控え、極力私生活について答えなくても良いように配慮すると良いでしょう。

話す必要がないと思っている

「自分のことは話すまでもない」「大きな出来事もないので、話す必要性を感じない」というように、自分のプライベートに重きを置かない男性は、日常生活の話になると少しそっけない対応になることがあります。

しかし、興味を持っているというメッセージや態度を示すことで「自分に興味があるのかな」と意識が変化し、少しずつ口を開いてくれる可能性も。

いきなり打ち解けるのは難しいかもしれませんが、少しずつプライベートの話をしてもらえるように距離を縮めていきたいですね。

自分に自信がない

自分に自信のない男性は、プライベートの些細なエピソードにも自信が持てない傾向にあります。

「否定されたらどうしよう」「バカにされるのではないか」と、周囲からの見られ方に不安を抱いている可能性もあります。

自信が持てない理由はさまざまですが、「とにかく何か話して!」といきなり話を振るのは逆効果。相手に歩調を合わせつつ「すごいですね」「知りませんでした」などと自信が持てるような会話を進めながら共通点を探ってみましょう。

自分のイメージを守りたい

職業や育った環境が関係しているケースとして、自分のイメージを守りたいという理由も挙げられます。常に人から見られていることを意識しているので、緊張感もあります。

自身のイメージを守っているかどうかは客観的に判断しにくいものですが、どんな相手でもプライドに配慮してあげる姿勢は好印象に繋がります。根掘り葉掘り聞くのは避け、世間話などの無難な話題から振ってみてください。

自分のことを話したがらない男性の接し方

男性が自分のことを話さないのはなぜ?上手な接し方についても解説

自分のことについて話したがらない男性とは、どのように接していけばいいのでしょうか?詳しく手順を確認してみましょう。

まずは世間話から

上記でも何度か触れましたが、まずは世間話から始めていって会話の調子やお相手の気持ちの変化を確認してみてください。

無難な話題としては天気や時事ニュース、お互いの共通点に関する話(同郷である・趣味が同じ・ペットの話)を深めていくだけでも、プライベートの話題に触れずに相手の雰囲気を掴むことができますよ。

相手の趣味から話題を広げる

お見合いや婚活イベントで定番の話題である「趣味」の話は、言葉数の少ない男性から話を引き出せる可能性の高いトピックです。

しかしいきなり相手の趣味を聞き出すと言葉に詰まってしまうおそれがあるため、まずは自分の趣味や好きなことの話題を提供し、「インドア派かアウトドア派か」「昔から続けている趣味はあるか」といった話も織り交ぜていきましょう。

話の中で共通点を探っていく

ひとつの話の中で共通するポイントが見つかったら、そこから話が広げられないかを探りましょう。

たとえば「休日の過ごし方」というトピックについて、料理をするのが好きだという話をしたときに相手の男性も料理をする場合は、そこが共通項になります。

休日にとらわれず、どんな料理を作るのか・これから作ってみたいメニュー・料理のアレンジやこだわりのポイントなどを話して盛り上がることもできますね。

男性に心を開いてもらうためのポイント

男性が自分のことを話さないのはなぜ?上手な接し方についても解説

自分のことを話さない男性と対面した場合、どうすれば心を開いてもらえるのでしょうか?ポイントを3点紹介します。

1、相手への興味関心を示す

寡黙な男性にはそれぞれ事情があり、ゆっくりと打ち解けていきたいと考えている方も少なくないものです。こちらからは無難な話題を振るようにしますが、その間にもお相手への興味や関心を示すようにしましょう。

2、否定や催促をせずに付き合う

男性の話を否定しない、否定形を会話の中で多用しないといった心がけも、心を開いてもらうためのポイントになります。

会話が得意な女性ほど相手を遮りやすいので、威圧感を与えたり急かしたりしないように注意が必要です。

3、時間をかけて信頼関係を築く

寡黙な方がいきなりおしゃべりになることはあまり多くありません。時間をかけながら相手の考え方をチェックしつつ、自分のことも知ってもらうようにしましょう。

コミュニケーションに関する相談もOK

男性が自分のことを話さないのはなぜ?上手な接し方についても解説

婚活で出会う人の多くは結婚を真剣に考えていますが、人とすぐ仲良くなれる人もいれば、時間がかかる人もいます。

結婚相談所「ハッピーカムカム」では、結婚に向けて真剣な婚活をしている方や、これから真剣に婚活を行う予定の方に無料相談会を実施しています。

「良いと思う人がいるが、なかなか心を開いてくれない」「自分から話題を提供することに自信がない」といった相談も可能ですので、ぜひご相談ください。

キラキラハッピーカムカムキラキラ
ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.