アドバイザー日記
Posted By ハッピーカムカム編集部

見返りを求めすぎて交際がうまくいかない人の特徴

こんにちは!(^^)!

今日は「見返りを求めすぎて交際がうまくいかない人の特徴」についてお伝えしていきますね。

「見返り?」私はそんなもの別に求めていないけど・・。

そんな風に思うかもしれませんね。

でも意外と無意識に見返りを求めてしまっているケースは少なくありません。

 

お見合いをしてせっかく交際が成立したのに、デートを決める段階で、

「デート候補のお店は私が色々調べて候補を立て、お相手から選んでもらおうと思ったのに、彼からはどこでもいいよ。と結局全て丸投げされた」

とブチ切れして、即交際終了になってしまったり。

「遠距離デートで、毎回一時間かけて、お相手の家の近くまで出向いているのに、彼はいつも居酒屋とか安いお店にしか連れて行ってくれない」

とブチ切れして交際終了。などなど。

 

無償の愛を注げる相手を見つけたいと婚活をがんばっていても実際は難しいですよね。

「私は〇〇してるのに、相手は〇〇してくれない!!」

という不満を抱えてうまく行かなくなるパターンは多いです。

それは、「無意識に見返りを求めている」ということなのです。

 

では人は、「見返りを求めない、無償の愛」を持つことってできるのでしょうか?

 

無意識に相手に見返りを求めてしまうのは、そこに人間が持つ根本的な「欲求」があるからと言われています。

「私はこんなにあなたを愛しているのだからあなたも同じくらい私を愛してほしい」「いつも私から先にLINEしているのだから、これからはあなたから先にLINEしてほしい」。

このような欲求を、「承認欲求」と言います。

 

また、「あなたとのデートにオシャレをして時間を割いているのだから、美味しいディナーくらい予約しておいてほしい。」

このような欲求が「物質的要求」です。

 

そして男性の場合は「こんなにプレゼントしているのだから今夜はホテルに一緒に泊まってくれるのは当たり前」

このような欲求は「性的欲求」ですね。

 

このほかにも、「あなたの誕生日にはブランド物のお財布をプレゼントしたのだから、私の誕生日にも同等のプレゼントを買ってほしい」など、「損得」を考えた見返りの欲求が出てくることもあります。

 

このような欲求は、結婚して家庭に入った後も続き、

「私が子供の面倒も食事も洗濯もしているのだから、掃除やゴミ捨て食器洗いくらいやってよ!」

こんな風に見返りがあることが大前提にあるため、臨んだ見返りがないと、不平不満はたまっていく一方になります。

とはいえ、相手に尽くすばかりで全く報われることなく、心がボロボロになって苦しいのに見返りを求めずに、ただひたすら尽くすことなんてできませんよね。

ではどうしたらよいのでしょう。

 

ちょっと思い浮かべてください。あなたがかわいい赤ちゃんのペットを飼っていたとして、そのペットの世話をする時に

「これだけ餌やトイレの世話をしてるんだから、自分にも〇〇してくれないと採算が合わない」

なんて思ったりしますか?しませんよね。

お世話することが楽しかったり癒されたり一緒に時間を過ごすことで安心できたりするからお世話をするのだと思います。

そこに損得勘定もなければ、見返りも求めないですよね。

 

もし、あなたが「お相手がこうしてくれない。もしかしてこれって・・・彼に見返りを求めすぎているのかも・・」そんな風に思ったら自分に問いかけてみてください。

 

「あなたが彼にそれを本当にしてあげたいのかどうか。」

「彼にそれをしてあげることがあなたの喜びや楽しみにつながっているのかどうか。」

してあげたいからしているのではなく、見返りを求めてしていると、それが思うように返ってこない時に辛くなったり怒りに変わったりするので、できるならば、見返りなど求めないで楽しく癒されて喜びにしていきたいですよね。

 

ではどうしたらよいでしょうか。

大切なのは「足りるを知る」ということです。

 

欲求はどこまでも肥大化するばかりで、なくなることはありません。それに気付かずずっと相手に見返りを求めてばかりいるとストレスしかありませんよね。

つらいときこそ「既に与えられている幸せ」にフォーカスし直してみることが大切です。

まずは彼の良いところを改めて思い返してみてください。

 

「気が利かないところもあるけど、いつも笑って大抵のことは許してくれる。それで私は癒されていることが沢山あるかも。彼の存在ってありがたいな。」とか。

 

「年収はあまり高くないけど、いつも仕事に前向きで努力家なところがすごく良いところだな。こんな彼がご馳走してくれてありがたいな。」とか。

 

「遠距離交際で、私が彼のところに行くことが多くて、お店も居酒屋ばかりだけど、いつも笑って楽しい話題を提供してくれて。それが私の元気の源になっているかも。。ありがたいな。」とか。

 

多少、「これはちょっとなーー。」とマイナスに思うことがあっても、彼の存在があなたを癒してくれたり、楽しませてくれたり、安心させてくれるなど、既に与えてもらっていることも実はたくさんあるはずです。

 

縁あって出会って、広い世界の中で心に想う人がいるということ事態が、とても素敵なことで、あなたはすでに沢山のものをお相手から与えられていることに気づくのではないでしょうか。

 

次に大切なことは

「自分軸をもつ」ということ。

しっかりと自分が主体性をもって、自分軸で行動出来ることが大切です。

自分の行動や生き方を尊重できる人は、相手のことも尊重できます。

お互いを尊重しあい、見返りを持たない関係性を是非つくっていってくださいね。

 

最後は「自分で自分を満たす」ということ。

見返りを求めるというのは

「こんなことしてあげたんだから私にもこうして。」

と自分の承認欲求を満たしたいということです。

このようにずっと相手の承認欲求を求める行為は、恋愛中のみならず、婚活してからもずっと欲求が満たされることはありません。満たされてもまた次の新しい欲求がでてくるからです。

 

幸せな結婚生活を送るためには、しっかり自分軸をもって自分らしい人生を生きること。

それこそが見返りを求めない、お互いにとって最良のパートナーになれるのです。

 

皆さんにとって素敵な結果につながるよう、少しでも活動のお役に立てたら幸いです♡

 

つづく。

 

  キラキラハッピーカムカムキラキラ
 

コメント

ワンランク上の「お見合い・結婚相手のご紹介」を提供する当結婚相談所では、サービスの質を保つため、毎月人数限定で入会いただいております。ご入会には人柄なども把握するため、どなた様にも一度来社いただいております。ご来社のご予約は、お申し込み順となっておりますのでご了承下さい。無料相談予約からご連絡いただければ、日時が決まっていなくても「仮予約」が出来ます。

成婚率54.5%の結婚相談所

2020年度

0120-366-828

年中無休で承ります。電話対応 8:00~22:00

年中無休で承ります。電話対応 8:00~22:00

公式サイトへ移動します。

タイトルとURLをコピーしました