ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

アドバイザー日記

佐賀旅行(その12)

辰野金吾設計の「楼門」


ども。代表の峰尾(♂、37歳)です(=⌒▽⌒=)

翌朝も、武雄温泉からスタートです。

毎日、9時から10時まで、武雄温泉では、ボランティアスタッフによる、

武雄温泉名物、辰野金吾設計の「楼門」の内部見学が実施されているのです。

辰野金吾といえば、佐賀が生んだ名建築士。東京駅の設計もされております。

で、この楼門、東京駅と共に、2014年に創立100周年を迎えておりますが、

最近有名になったのは、そこで発見された4つの干支。

これ、実は東京駅から問い合わせがあり、初めて気がついたようです。

今でこそ照明が灯され、分かりやすいですが、

通気口として使用され、煤に覆われていたため、すす払いをして、初めて気がついたようです。

では、なぜ東京駅から問い合わせがあったのか?

というのも、楼門と東京駅は同じ時期に設計がスタートし、東京駅には残りの8つの干支があるためです。

本来、楼門は3つ作る予定でしたが、各楼門に配置すべき干支を、途中で始まった東京駅により

中断せざるを得なくなり、残りを東京駅に使用したのではないか?

と言われております。

で、ここからが、僕の推論になるのですが・・・

つづく。

関連する記事



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.