ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

コミュニケーション

初対面の人と打ち解ける会話術

初対面の人と打ち解けるポイントをご紹介♪



こんにちは、ハッピーカムカムの大前です。
「初対面の人となかなか打ち解けられない」
実はこんな悩みをかかえたことは全くありませんか?
これは何も婚活にかぎったことではなくビジネスシーンでも
いえるかと思います。
心理学などのマニュアル本のとおり
1.聞き上手になる
2.相手との共通点をみつける
3・相手を褒める
など試してみても、初対面の人となかなか打ち解けられない
ケースがあります。
これは、どうしてだと思いますか?
実は、大半がこの3つのコツをうまくつかんでいなく
(相手が)
心をオープンにしていないから生じることが多いのです。
自分がオープンにしていても、自分ばかりが話して
しまいこの場合悪循環になってしまいがちです。

最初のコミュニケーションが決め手?



では、なぜ相手が心をオープンにしてくれないのでしょうか?
その多くは、「最初のコミュニケーション」
でほとんどきまっています。
そこで(相手が)心を閉ざすと、その先話をずっとしても
なかなか打ち解けられないままで終わるかもしれません・・・。
今回、1の聞き上手に絞って検証してみると
質問の仕方(タイミング)があわないケースがあります。
例えば初対面の人と挨拶をすませた後、
あなたはどんな質問をされたら「カチン」ときますか?
・「星座は何座ですか?」
・「あなたのような魅力的な人がどうして独身なんですか?」
・「昨日はスケートすごかったですよね、TVみましたか?」
ひょっとしたらこのどれも「カチン」とくるかもしれません(;^_^A
その理由は、
「まだ(相手が心をオープンにしていない段階で)
早い質問で唐突すぎたり、
世間一般で話題になっていること
が必ずしも相手が興味が
ある話でもないからです

配慮(気遣い)の会話は安心感をもたらす



では、最初はどのような質問をしたらよいのでしょうか?
例)
「(待ち合わせ場所に)道に迷われたりしませんでしたか?」
相手を気遣いながらも相手の領域に土足で
はいることのない“無難”な質問。
相手の理解につとめ、お互いにとってその時に最も

“現実的”かつシンプルな問いかけです。

つまり、質問ぜめではなく
「配慮(気遣い)」からスタートすると安心感という
土台ができ
心をオープンにしやすい傾向があります。
例えば保険の営業マンがあなたのことをよく知ろうと
するとき、どのようなトークを展開しているか参考に
なるかもしれませんね。
おそらく、いきなりたちいった話をすることもなく、
流行話でもなく、“無難”な土台から一歩一歩
信頼を築きあげている方が上手な営業マンのようなきがします。
また、どんなにシンプルなコミュニケーションでも
心(愛情)が伴なうことが大切かと感じます。
婚活は言葉だけが一人歩きしているように見受けますが
大切なコミュニケーションの実践の場でもあるの
かもしれません。
さて、土日はカウンセリングやお見合いが沢山はいって
おります。
皆さんのご縁が少しでも深くなる実践の場になることを
心より祈っています。双葉
ハッピーカムカム は幸せになりたいあなたを応援しますはーと

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.