ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

コミュニケーション

交際相手から1週間連絡がない!その理由と対処法を解説

2018年12月13日

こんにちは、ハッピーカムカムの大前です。
今日は「交際相手から1週間返事がないとき」についてです。
1週間も連絡がないと感じる方もいれば、まだ1週間だし…と感じる方もいるはずですが、考えられる理由や対処法についてご紹介します。
焦って失敗しないためにもおさえておきたいポイントをチェックしてみてください。

連絡がこないときの理由とは?

連絡がこないときの理由とは?
連絡がこない場合に考えられる理由といえば、次の4つです。

仕事などが忙しい

ただ単に仕事が忙しいケースの可能性も!特に男性の場合、時期によっては仕事も忙しく、思うように連絡が取れないことも珍しくありません・・・。
しかしほんの1分程度あれば簡単なメッセージは送れるものなので、全く連絡が取れないほど忙しいケースはなかなかないともいえます。
時間がないというよりも、仕事が忙しすぎてお相手のことまで頭が回らなかったといったことは考えられるので、相手が忙しい時期であることを理解しているのならあまり考え込まないようにしましょう。
忙しい人に対して返事を催促するようなメッセージを送ったり、頻繁に電話したりしないように注意したいですね。
忙しくなる立場にある方は、相手が心配する可能性を考えて事前に一言伝えておくのがマナーでもあります。

交際を続けるか迷っている

交際相手から連絡がない場合、今の関係を続けていいものかどうか悩んでいる可能性もあります。自分に本当にこの人が向いているのかどうか考えたときに、一度距離を取って冷静になることで判断しようと考えているわけです。
またその間に他の相手とコミュニケーションを取り、その人と比較されている可能性も考えられます。
婚活は結婚相手を探す非常に重要なものでもあるので、迷ってしまうのは仕方がないことでもありますよね。
相手からこのような雰囲気を察したのなら、連絡や返事を催促すると逆効果になってしまう可能性があるので気をつけなければなりません。
だからといって距離を置き過ぎるとそれも自然消滅に繋がる場合があるので、慎重な対応が必要です。

他にも交際相手がいる

最初のうちは頻繁に連絡が来ていたけれど徐々に少なくなったケースの場合、他に気になる人が出てきてしまった可能性もゼロではありません…。
婚活をしている方の中には複数人の方と仮交際をする方もいますし、いくつかの結婚相談所を掛け持ちして利用している方もいます。これは効率的に自分にぴったりの人を見つけるためのひとつの作戦でもあるので、同時進行で複数の人と出会いを探すこと自体は悪いことではありません。
ですが気になるお相手に複数人交際相手がいる場合は、そのライバルに負けないように努力する必要がありますよね!
仮交際がスタートしたからと安心しきって適当な対応をしていませんか?
適当に対応してしまうと他のライバルに負けてしまう可能性があります。
特に素敵な方がお相手の場合、ライバルも多いということを理解しておきたいですね。

あまり乗り気ではない

お見合いで連絡先交換はしたものの、実はそれほど乗り気ではないケースもあります。この場合、最初のうちはノリノリで連絡をしてきたのに突然それがなくなったというよりも、初めから何となく冷めた印象を感じるはずです。
そのときはその場の雰囲気で連絡先を交換したけれど、あとから冷静になってみたところ「それほど好みではないな」とか「よく考えてみたら条件に合わないな」と感じた場合には気持ちが冷めてしまいます。
また慎重に相手を見極めようと考えている方の場合、少しでも自分の希望と違うところが見えてくると突然気持ちが冷めてしまうこともあるんです。

連絡がこないときの対処法

連絡がこないときの対処法
相手から1週間ほど連絡がこない時の対策と、注意したいポイントをご紹介します。

様子をみる

一時的に体調を崩していた、仕事が忙しくてどうしても連絡ができなかったなどの可能性も考えられます。
このような状態のときに何度もこちらからの連絡を繰り返してしまうと、相手にとって重い存在になるので気をつけておかなければなりません。まずは様子をみるのが基本と考えてみましょう!
自分が送ったメッセージに何か問題がなかったか振り返ってみるのも良いですね。
例えば、
・相手は敬語でメッセージを送ってきているのに自分はタメ語で返している
・いろいろ質問されたのにそっけない返事をした
など。
特に出会って間もない時期は、ちょっとしたすれ違いから交際終了に繋がってしまいがちなので、思い当たることがある場合は自分の行動や言動を見直すようにしたいですね。
普段からあまりマメに連絡をしないタイプの場合「次の休みに連絡しよう」と考えている可能性もあります。それなのに返事をせかされたりすると「この人とは連絡頻度も考え方が合わないな」と判断されてしまうので、1週間程度連絡がなくてもそれから数日は様子をみましょう。

仲介人へ連絡する

仲介人は相手の方から何らかの相談や連絡を受けている可能性があります。相手に直接連絡をする前にまずは相談をしてみてはどうでしょうか?
特に何か理由があって相手からの返事が途絶えてしまっているのなら、直接連絡をすると良くない方向に進んでしまう可能性もあるからです。
仲介人ならお互いの状況をよく理解していますし、実績のある仲介人はここでどう対応するのが正しいのかアドバイスもしてくれます。これまでにたくさんのカップルを見守ってきた実績があるわけなので、困ったことがあったら積極的に仲介人に連絡して助けを求めましょう。

自分から連絡する

まずは1週間程度様子をみてみましょう。それでも全く相手から連絡がくる気配がないと感じているのなら、そのまま放置すると自然消滅してしまう恐れがあります。
相手が今どのように感じているのか理解できなければ、自分もどう進んでいけば良いのか判断できませんよね。最終手段として自分から連絡するのも一つの方法です。
ただしその際には「どうして連絡くれなかったの?」と相手を責めないようにしましょう。
相手としてもなかなか連絡できずにいたことに対して罪悪感がある場合、叱られていると感じてしまいます。おすすめは自分も連絡できなくてごめんね、と伝えた上で相手の近況を探るメッセージを送る方法です。
「お久しぶりです、最近なかなか連絡ができなくてごめんなさい。」
と一言あると相手も安心するはず。
「最近はお仕事忙しいですか?」と添えておくと、まだ会う気がある人ならやりとりが再開する可能性が高いです。これでも反応がないのなら諦めて他の人との出会いを探しましょう。

慌てすぎないで対応することも大切

慌てすぎないで対応することも大切
これまで頻繁に連絡がきていた交際相手から連絡がなくなると不安に感じてしまうものです。まずは今回ご紹介した連絡がこなくなる理由の中であてはまるものがないかチェックしてみましょう。
連絡したつもりが未送信になっていた、大きく体調を崩してスマホを触れないくらい調子が悪かったなどの理由もあり得るので、不安になりすぎないようにしたいですね。自分一人ではどう対応するのが正解なのかわからず悩んでいるのなら、気軽に仲介人に連絡しアドバイスをもらってみてはどうでしょうか?
■アドバイザーの紹介
チーフアドバイザー 大前 美翔
1972年生まれの東京都出身。28歳で起業し、30歳でワンランク上の結婚相談所「株式会社ハッピーカムカム」代表取締役に就任。

キラキラハッピーカムカムキラキラ
ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら

関連する記事



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.