ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛結婚アドバイス

また会いたいと思わせるための婚活の秘訣

2019年6月20日

また会いたいと思わせるための婚活の秘訣

こんにちは。ハッピーカムカム岡部です!
今回は、婚活でお相手の方から「また会いたい」と思ってもらうための秘策についてです。当然ながら2回目がなければその先の結婚をつかむ事はできません。

お見合いまではできるものの、本交際に発展できない方におさえておいて欲しいポイントをご紹介しましょう!

また会いたいと思わせる人の特徴とは?

また会いたいと思わせる人の特徴とは?

どのような人が「また会いたい」と思われるのかというと、以下の条件に該当する人です。

  • 一緒に居て楽しい人
  • 気まずさを感じさせない人
  • 気分を害されることがない人
  • 印象に残る人
  • 話が合う人

などなど。男性でも女性でも大きな違いはありません。

自分が婚活で「この人とまた会いたい!」と感じるのはどのような人か想像してみましょう。

一方で、「この人とはもう会いたくないな…」と思われてしまいがちな人の特徴として、以下のようなことが挙げられます。

  • ネガティブ思考で発言が暗い人
  • 自分のことしか考えていない人
  • 自慢話が多い人
  • 発言や行動が下品な人
  • 結婚を焦っていて重い人

もしこの中で該当するものがある場合は、それを改善していくことが大切です!

また会いたいと思わせる7つの秘訣

また会いたいと思わせる7つの秘訣

婚活のお相手に「また会いたい」と思わせるにはコツがあります。次の7つの秘策の中から実践できるものを試してみてください♪

相手を喜ばせて印象に残る

先述した「この人とはもう会いたくないな」と思われる人の条件には該当しないのに、なぜか2回目の出会いが果たせない方がいます。
そういった方の共通点といえば、良くも悪くも「普通」だということ。
何人もの人とお見合いをしている方が多いのですが、その中で印象に残ることができず、2回目に会いたい人の候補に上がらない可能性があります。

そこでおすすめしたいのが、相手の印象に残る工夫をするということです。いろいろな方法がありますが、効果的な方法として、お相手の方を喜ばせてみてください。
ちょっと大げさに表現したほうが印象に残りやすくなりますよ♪

また、会話の中で相手の名前を呼ぶのも効果的です。
「どう思いますか?」より、「○○さんはどう思いますか?」と聞いたほうが「自分に興味を持ってくれている」と思わせることができます。

感謝の気持ちを持つ

些細なことでも感謝の気持ちを伝えられると好印象につながります。
「ありがとう」を伝えられる場面では積極的に感謝の言葉を伝えてみてください。

また、デート代は男性が払うことが多いですが、おごってもらって当然という態度を取る女性は男性から好まれません。出さなくていいよと言われることがわかっていたとしても財布を出すことが大切!もちろん、おごってくれたことに対してもきちんとお礼を伝えましょう。また、「今度はおごらせてください」と一言添えるのも良いですね。

明るく前向きに接する

話している最中、よく笑う明るい人は何となくステキだなという印象を与えられます。必ずしも話がうまい必要はありません。話をしている最中に会話を楽しんでいることが分かるようにしっかり相槌を打ったり、常に口角を上げて明るい表情を作ったりするだけでも印象は変わります。

相手が楽しく話せるように聞き上手になることを意識してみると「この人とは話しやすいな」と感じてもらえるのでおすすめ!会話の中で相手を褒められるポイントがあったら積極的に褒めましょう。更に好印象を与えることにつながります。

気をつけたいのは、暗い発言は避けるということ。ネガティブなことばかり言っていたり、人の悪口を言ったりする人は印象が悪くなるので気をつけてみてくださいね。
ポジティブな発言を心がけるのがおすすめです。

マナーに注意

いくら話が面白く、性格が合う人でもマナーがなっていないとそれだけで「この人とはありえない」と思われてしまいがちです。食事をする時にクチャクチャ口を鳴らしながら食べていたり、お店の店員さんへの態度が悪かったりすると大きなマイナスポイントになります。

女性らしく見えるのに座るときに足を大きく開いていたり、紳士的な態度を取っているのにゴミをポイ捨てしたりするのも相手が一気に冷める瞬間です。
たまにしか会わない友達くらいの関係なら多少マナーが悪くても目をつぶることはできますが、婚活では夫婦として長く一緒に生活していく相手を探しています。配偶者のマナーがなっていないと自分もいろいろなところで恥をかいてしまう可能性があることから、「マナーがなっていない人とは絶対に付き合えない」と考えている方も多いです。

さりげなく好意を伝える

相手が自分の事をどう思ってくれているのかわからない状態で2度目のお誘いをするのはなかなか勇気がいることです。断られたらどうしよう、もしかしたら自分はよく思われていないかも…なんて不安があると悩んでしまいますよね。
そこで、1回目のお見合いの際にお相手のことが気に入ったのなら、さりげなく好意を伝えておくのが効果的です。

たとえば、別れ際に「今日はありがとうございました、とても楽しかったです。良かったらまたお会いしたいです。」と伝えてみましょう。もう会いたくないと思っている人に対してこのような挨拶はしませんよね。また会いたいという一言を伝えておくだけで相手も声をかけやすくなりますよ♪

細かい所作にも注意を払う

自分の中で特に意識せずに行っていることが相手にとって不快に感じることがありますよね。

たとえば、以下のような仕草をする癖がある方は要注意です。

  • 指を鳴らす
  • 貧乏ゆすり
  • 必要以上に髪を触る
  • 舌打ち
  • ため息
  • 手を叩く

たとえば、テンションが上がった時、思いっきり手を叩いて感情を表現する方がいますが、お店などでやられたりすると周りの目も気になりますし、注意したい行動です。
ただ、無意識のうちに行っていることは気付けない場合があるので、できれば事前に家族や何でも本音で言い合える友達に相談し、自分の行動で何か気になることはないか聞いてみてはいかがでしょうか。

合わせられるところは相手に合わせる

会話をする中で自分の意見とは異なることがあると否定したくなりますが、やはり否定された側はあまり面白くありません。

自分の意見を曲げてまで相手に合わせてもうまくいきませんが、「それは違うと思います」と否定するよりも、「そんな考え方もあるんですね!」と伝えてみるのがおすすめ。

また、相手と同じような行動をすると親近感を覚えてもらうことができます。たとえば、相手と同じ行動をしたり、同じ言葉を返したりするだけでも効果的です。

2度目のデートにつなげよう

2度目のデートにつなげよう

どのような行動が相手にまた会いたいと思わせるのかについてご紹介しました。なかなか本交際までたどり着けない方は、今回ご紹介した内容を参考にしながら何を改善したら良いのか考えてみてはいかがでしょうか。

もし、自分がこれまでお見合いをしてきた中で、この人とはもう会いたくないなと感じる人がいたのなら、何が原因でそう思ったのかを振り返ることが大切です。自分が無意識のうちに同じことをしていないか確認しましょう。

また、質の高い出会いの数を増やしていくことも重要です。ハッピーカムカムでは多くの会員様にご登録いただいており、婚活をサポートするアドバイザーもベテランがそろっています。
万全の体制で結婚を応援させていただくので、まずは無料相談からご利用ください。

ハッピーカムカム

恵比寿・広尾のワンランク上の結婚相談所 創業19年、成婚者1,500組以上。業界トップクラスの成婚率53.9% メディア・講演実績多数。

キラキラハッピーカムカムキラキラ
ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.