アドバイザー日記
Posted By ハッピーカムカム編集部

交際相手に自分のことをうまく伝える4つのコツ

こんにちは!(^^)!

今日は、「交際相手に自分のことをうまく伝える4つのコツ」についてお伝えしてしたいと思います。

 

人とのコミュニケーションにおいて、自分の気持ちや考えを上手に伝えることは非常に重要です。

しかし、いかに自分の思いを相手に伝えるかは、単に言葉だけでなく、タイミングや状況を見極めることも欠かせません。

本日は、相手に自分の大切なメッセージをうまく伝えるためのポイントについて考えてみたいと思います。

 

① 状況を見極める

自分の気持ちを素直に伝えたいという気持ちは誰しも持ちますが、相手も同じくらい自分のことを大切に思っています。

相手の状況や感情を尊重し、受け入れられる関係を築くことが大切です。他人の立場に立ってみることで、より良いコミュニケーションが図れるでしょう。良いコミュニケーションの一環として、相手の話に耳を傾けることが欠かせません。聴く力を磨くことで、相手の立場や気持ちを理解しやすくなります。

 

② タイミングを見極める

言葉を伝えるだけでなく、いつその言葉を伝えるかも重要です。

相手の状況や気持ちに敏感になり、「今が良いタイミングかどうか」をよく考えましょう。

婚活では真剣交際に入るタイミングなどもこのひとつ。自分はすぐに真剣交際に入りたいとそう思っても、お相手様も好意はあるがもう少しデートを重ねてからと思っています。この差があるのに言ってしまうとうまくいくものもいかなくなります。

お互いの気持ちのズレがもたらす問題もあります。相手との心の距離を考慮し、適切なタイミングで伝えることがポイントです。

 

③グラデーションを読む

相手の気持ちや考えに合わせて、自分のメッセージの強弱を調整することも大切です。

時には相手のペースに合わせることで、より効果的に伝えることができるでしょう。

過去の辛い出来事などのデリケートな話題も、相手の気持ちを尊重した上で適切なタイミングで話すことが重要です。

自分が譲れない事や例えば過去の辛かった話などをお相手に伝えたいときも、お相手様とステディな関係なら、『僕が受け止めるよ』となるが、関係が出来ていないのに伝えると『僕には荷が重いと』なってしまう。

お相手の気持ちを尊重した上で適切なタイミングで話すことが重要です。言いたい気持ち優先でせっかくのご縁をのがしてはもったいないです。

 

④ ステディな関係を築く

お互いに信頼し合い、良好な関係を築くことが重要です。

相手が自分の言葉を受け入れやすい状況を作るためには、他愛のない話でも色々と積極的にコミュニケーションを図ることで、相手との信頼関係を深め、自分の気持ちを自然に伝えることができるようになるでしょう。

また相手も同じで気持ちを自然に伝えられる・受け止められることが出来るでしょう。

 

自分の気持ちを上手に伝えることは、コミュニケーションの基本です。

相手を思いやり、状況やタイミングを見極めつつ、自分の思いを伝えることで、より良い関係を築くことができます。思いやりのあるコミュニケーションは、人とのつながりをより豊かにし、より良いコミュニケーションを積極的に心がけていくことがポイント。

 

自分の気持ちに素直になりながらも、相手の立場にたって思いやりのあるコミュニケーションを心がけましょう。

相手の立場に立ち、心からの思いやりを持って接することで、より良いコミュニケーションが実現します。

交際相手だけでなく、是非、日常生活、あなたの担当カウンセラーとの会話の中でも実践してみてください。

 

公私とも人間関係が良好になり、道が開けてくると思いますよ!

 

皆さんにとって素敵な結果につながるよう、少しでも活動のお役に立てたら幸いです♡

 

つづく

 

 

 

 

コメント

ワンランク上の「お見合い・結婚相手のご紹介」を提供する当結婚相談所では、サービスの質を保つため、毎月人数限定で入会いただいております。ご入会には人柄なども把握するため、どなた様にも一度来社いただいております。ご来社のご予約は、お申し込み順となっておりますのでご了承下さい。無料相談予約からご連絡いただければ、日時が決まっていなくても「仮予約」が出来ます。

0120-366-828

年中無休で承ります。電話対応 8:00~22:00

年中無休で承ります。電話対応 8:00~22:00

タイトルとURLをコピーしました