ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛結婚アドバイス

視線で分かる好意がある男女の心理と相手を落とすテクニック

2016年9月28日

今回は、「目は口ほどに物を言う」に関するお話についてご紹介します。
最近、やたらと目が合う人はいませんか?頻繁に目が合うということは、相手から見られているということ。
その時にどのような視線を送られているのかチェックしてみると、相手の心理状態もわかります。
そこで、視線から読み取る男女の心理と、相手の心を動かすために効果的なテクニックについて解説するので、参考にしてみてくださいね。

好意のある男女が送る視線の特徴と心理

好意のある男女が送る視線の特徴と心理
男性と女性では気になる人に送る視線が異なります。それぞれ見ていきましょう。

男性が送る視線と意味

男性が好意を寄せている女性を見る時に送る視線は次の3タイプです。

見つめている時間が長い

何となくその人に見られているような気がして、しばらく経ってもまだ視線を感じるのなら、見つめられています。
誰でも気になる人のことは自然と目で追ってしまいますよね。男性の場合は女性よりもその傾向が強く、無意識のうちに気になる女性を長時間見つめてしまうことが多いんです。
嫌な人を長時間見つめることはまずないはず。見つめられていることが多いのなら、好意を寄せられている可能性は非常に高いと言えます。

動きを目で追う

気になる女性が何をしているのか、その行動を監視するかのように目で追うのも、気になる女性に対する男性の行動の一つです。
意中の相手が移動する時などにふと目で追ってしまうことも。何か動作をするたびに見られていると感じる女性は、その相手から好意を寄せられている可能性が高いです。

優しい眼差しを送る

その人に見とれていることが周囲からもわかるような、うっとりとした視線を送られるようなら、好意を寄せられていると考えてまず間違いないでしょう。
ちょっと気になる相手というよりも、好きで仕方がない相手に対して送る眼差しです。

女性が送る視線と意味

女性が気になる男性に対して視線で伝える好意のサインとしては、次の3つが代表的です。

チラチラ見る

男性の場合、一目見ただけで全体像をつかむのが難しく、長時間気になる相手を見つめる傾向が強いのですが、女性の場合は男性とは異なり、一目でその人の全体をつかむことができます。
そのため、長時間見つめるというよりも、チラチラ見つめるのが特徴。男性からすると、「見られていた気がするけれど確認してみると他のところを見ていた」といった状況になります。

上目遣い

上目遣いで見つめてくる女性にドキッとしたことがある男性も多いはず。特に自撮りに慣れている女性の場合、自分の顔が最も可愛く見える角度を理解しています。
女性の場合、斜め上から見られると可愛くすることが多いため、好きな男性に対して自然とその角度が目に入るように視線を向けていることがあるのです。

目が合うのにすぐそらす

その女性と目が合った時にハッとしてすぐにそらされるようなら、じっと見られていた可能性が高いです。
ですので恥じらいの気持ちから見つめていたことがバレないようにすぐに目をそらします。こういったことが多いのなら、頻繁に見つめられている証拠とも言えますね。

目が合った時はどうすればいい?

目が合った時はどうすればいい?
自分に好意を寄せてくれている可能性が高い人と目があった時には、どのように行動すれば良いのでしょうか。ポイントは次の3つです。

照れながら視線をそらす

目があった時になかなか見つめ合う勇気が持てずにさっとそらしてしまう方が多いでしょう。ですが、それだけだとそっけなく映ってしまうこともあるので注意が必要です。
その時は、少し照れたような仕草を見せるのも効果的です。視線を外してニコニコしてみたり、口元を隠したりすることにより、照れている気持ちを表現できるので、実践してみてくださいね。

微笑む

気になる人と目が合ったのなら、自分のことをもっと意識してもらいたいですよね。その時に効果的なのが笑顔を見せるということ。
目が合ったことに対して恥ずかしくて微笑んだというよりも、嬉しくて微笑んだと感じてもらえるような反応をすることです。
気まずさから作った笑顔だと勘違いされないようにしたいですね。ニコッとされて嫌な気分になる人はいません。それも、好意を寄せている人が相手だと尚更です。

話し掛けるきっかけにする

ただお互いにチラチラ目が合っているだけでは関係は発展しません。
更に一歩踏み出したいと感じているのなら、目が合ったのをきっかけにして話し掛けてみるのも効果的です。もちろん、目が合うたびに話し掛けるのは大変なことですが、何かタイミングが合えば声をかけてみましょう。
同じ職場で働いている人が相手なら、飴やコーヒーなどの差し入れをするタイミングとして活用してみるのもおすすめです。

視線で好意を伝え相手の心を動かすテクニック

視線で好意を伝え相手の心を動かすテクニック
自分から気になる人に視線を向ける時に、どのようにして好意を伝えていけば良いのかについても押さえておきたいですね。
簡単に試せる方法から少し踏み込んだ方法まで4つご紹介します。

視線を合わせる、外すを繰り返す

ずっと相手を見つめた状態で話し続けるよりも、しっかり見つめて相手を意識させてから視線をそらし、また視線を合わせると効果的です。

ぼんやりとした視線を送る

気になる人から見られていると感じた時に使えるテクニックです。ぼんやり何かを見つめたり、少し目を伏せてアンニュイな雰囲気を出してみましょう。
これにより、「隙」を演出できます。いつも鋭い目線で隙がない人はなかなか声をかけにくいもの。あえて隙を作ることによって誘いやすい雰囲気を演出してみるのも効果的です。

3秒目を合わせる

気になる人に自分を意識させるためには、8秒間視線を合わせるのが効果的という法則もありますが、日本人はシャイな人が多く、普段から目を見て話す方は少ないです。
ふと目があったタイミングで8秒間もただお互いに見つめ合うというのは少し不思議な行動でもありますよね。
そこで、3秒程度視線を合わせることに挑戦してみましょう。特に男性に好意を伝える視線を送りたい女性に試して欲しい方法です。
男性は自分が追いかけたいタイプが多いのが特徴。3秒見つめられた後に微笑んでから視線をそらされると、「えっ!?今の何だったの?」という気持ちになり、自然とその人のことが気になるようになります。

口パクで話す

話しかけるきっかけを作るのにも、視線が合った時に口パクで話しかけると効果的です。
例えば、同じ職場で働いている気になる人と目があった時に、口パクで「お疲れ」と伝えてみましょう。うまく伝われば相手からも口パクや笑顔が返ってくるはず。
伝わらなくても、「なんていったの?」と話し掛けてもらえるきっかけになることも期待できます。

視線が気になる人との仲を加速させるきっかけに

視線が気になる人との仲を加速させるきっかけに
いかがだったでしょうか。
ご紹介してきたように、視線をうまく活用することによって相手との仲を発展させることも不可能ではありません。
「何となくあの人から好意を寄せられているような気がする」と気づくきっかけが視線だったという方も多いので、有効活用していきましょう。
自分からなかなか積極的に話し掛けられない人も視線を送るくらいなら挑戦しやすいですよね。ぜひ試してみてください。
■この記事を執筆したアドバイザー
チーフアドバイザー 大前 美翔
1972年生まれの東京都出身。28歳で起業し、30歳でワンランク上の結婚相談所「株式会社ハッピーカムカム」代表取締役に就任。
ハッピーカムカム
恵比寿・広尾のワンランク上の結婚相談所 創業17年、成婚者1,300組 業界トップクラスの成婚率52.2% メディア・講演実績多数
 
何がワンランク上なの?はこちら

【毎月先着20名】無料相談予約はこちら お問合せはこちら
ハッピーカムカム公式メルマガ ~33日で運命の出会いを引き寄せる~

読者登録はこちら  

 

関連する記事



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.