ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛結婚アドバイス

結婚相手は”一番好きで運命の人に決まっている!?”の盲点

一番好きな人


こんにちは、ハッピーカムカムの三島です。

最近、色々な方からお話を聞いて思うことがあります。

結婚する相手は、
”一番好きで運命の人?”
でしょうか。

結婚相手については、そのように思いたいですし、
一番であってほしいと思いますよね。

ただ、人の感情とは、環境によって左右されがちであり、
また、時代時代によっての感情も違ってくるものです。

たとえば、高校の時にすごく大好きだった人がいたとしましょう。
でも、高校生では、なかなか結婚はできないですよね。

その大好きな人と今出会ったとしても、
そのときの感情を抱けるでしょうか?
それも違うことがあるかもしれません。
あの時、あのタイミングで出会ったからこそ、
好きだったのかもしれません。

チャンスは一度だけじゃない


たとえば、好きな相手が、ろくでなしだったら?
結婚はなかなかできなかったりしますよね。

だから、別れた。ろくでなしとは、
結婚という形はつくれないからです。
好きでも、結婚という形にはならないでしょう。

では離婚されている人は?
石田純一さんが婚約されたようですが、
彼だって何度も何度も、その時々で、
運命だと感じているみたいじゃないですか・・笑。

運命を感じる人や結婚のチャンスは、
何度かおどづれる方もいます。

よって、” 相手が今までで一番好き ”なんてことは、
あまり当てにはならないものだったりします。


結婚は、年齢やタイミングがあった方とするのであって、
運命という言葉ではなく、ご縁ラブラブという表現が一番合いますよね。
運命とは違う表現であらわすものなんだと、
色々な方の経験したお話を伺うとつくづく思いますね。



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.