ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛結婚アドバイス

婚活も大変、氷河期時代?

「婚活」は今や常識!?


今年の流行語にノミネートされた『婚活』

こちらのブログをご覧いただいている方でしたら、
その言葉を一度は耳にしたはずだと思います。


何もしなくても自動的に結婚できる時代はおわり、
就職活動と同じように、
結婚活動は今や常識になりつつあります。

そのひとつとして結婚相談所があるわけですね。

さて、先日発売のAERAでは、婚活特集をしていました。

2005年の国勢調査では、
未婚率は30-34歳の男性で47%、
女性では32%に上る。
女性がお相手に臨む条件としては経済的な要素が重視され、
希望年収は600万以上が8割り、
800万以上に限っても55%に上った。
しかし、国税庁の民間給与実態統計調査によると、
年収600万以上の男性は3割り程度、
800万以上は15%だけであり、
未婚の若手世代に限ればさらに割合は少ないという。

希望と現実の差はかくも大きいとのことだ。

時代の変化に伴う「理想の妻」像の変化


そして、婚活を勝ち抜くには、という特集では、
富裕層の男性たちが求めているのは「頼れる妻」であること。

昔は家事手伝いで可愛らしくいて、
家庭を守れれば良しとされていたこともありましたが、
状況は変わりつつあるようですね。

美貌<知性


「日本のお金持ち妻研究」という本があるようですが、
夫が会社経営者であれば、妻は共同経営者、
複雑な税関係の法律を妻がマスターして、
資産管理をしているケースもあり、
美貌を磨くよりも知性を磨いたほうが良いとされているようです。

富裕層に限ったことではなく、
男性もいつリストラされるかわからない今の時代に、
キャリアのある妻は心強いとのこと、
夫が求めているのは
自分をレベルアップされてくれる「手腕妻」だそうです。

高学歴な男性にとっては、高学歴な妻も歓迎のようで、
海外赴任があった際には、
社交的に人脈を広げられたり、
海外でも仕事がきたりする女性のほうが
良いという意見さえあるようです。

学歴がプライドとして凝り固まっているようなタイプを除けば、
高学歴もプラス要素ということ。

当方にご入会される女性は、キャリアがあり、
知性も兼ね備えている方も多いですね。

そこにくわえて愛らしさがある方も多いですので、
人生を豊かに歩んでいくにはベストパートナーになれると思っています。

もちろん、好みは人それぞれですから、
ひとくくりにはできませんが、
女性も万が一の際には強く頼りになる力を
身に付けておくにこしたことはないですね。



日本のお金持ち妻研究/森 剛志
¥1,680
Amazon.co.jp




Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.