ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛結婚アドバイス

男女のすれ違いが起こる原因と乗り越えるために取り組むべきこと

2016年2月1日

今回は、男性と女性のすれ違いが起きる原因について探っていきましょう。
お互い、違う環境で育ってきたわけですから、価値観や性格の不一致が生まれるのはおかしなことではありませんよね。ですが、すれ違いが起きるとそれが別れの原因に繋がってしまうことも。
なぜすれ違いが起きるのか、どう対策すれば良いのかについてご紹介します。

男女のすれ違いが起こる原因とは?

男女のすれ違いが起こる原因とは?
すれ違いは何をきっかけに発生するかわかりません。特にすれ違いに繋がりやすい原因として5つ見ていきましょう。

男女の時間軸の違い

いくら性格や価値観が同じ人と付き合っていても、時間軸まで合わせるのは難しいことです。
女性の場合、家事や子育てのほか、情報収集や周囲の方とうまくやっていくためのご近所での井戸端会議などもありますよね。
一方、男性は昔から食糧を調達する役割を担っており、仕事が何よりも重要です。このように、それぞれ生活の軸となる部分が異なるので、これが原因で2人の時間が合わないなど、すれ違いが起きてしまうこともあります。

男女の得意なことの違い

男性は1つのことに特化するシングルタスク脳、女性は複数の子どもを同時進行しやすいマルチタスク脳と言われることがあります。この違いのトラブルの原因になることもあるのです。
例えば、シングルタスク脳の男性は、仕事に集中しすぎてきて「帰宅時間が遅くなる」と連絡するのを忘れてしまうこともあります。
ですが、マルチタスク脳の女性からすると「いくら忙しくても連絡の一つくらいできるでしょ!」とイライラに繋がってしまうことがあるのです。

考え方の違い

男性と女性では会話の先に求めるものが違います。
例えば、女性が「仕事がうまくいかなくて悩んでいる」と彼氏に相談したところ、今の職場より環境が良い転職先を紹介してくれたという例。
彼氏からすれば、今の環境を良くするために最善とも言える提案をしたわけですが、女性は不満に感じてしまいます。なぜなら、女性が望んでいたのは対処法ではなく、仕事が大変なことに対する共感だったからです。
「転職したらいいんじゃない?」ではなく、「お疲れ様、いつもがんばっているね」が正解だったということ。もちろん個人差はありますが、男女の間ではこういった違いもすれ違いに繋がりやすいです。

一緒に居たい時間の違い

女性の場合、好きな人とは四六時中一緒に居たい、デートして別れたあとも家についたら電話やメールをしたいという方が多いです。
一方、男性はどんなに好きな人が相手だったとしても、たまには自分の時間をゆっくり取りたいと考えるもの。1人の時間を大切にする傾向が強いのです。
ですが、いつでも大好きな彼と一緒に居たいと考える女性の場合、彼が1人の時間を作ることに対して不安を感じることがあります。その不安からすれ違いに繋がってしまうケースも多いのです。

何をもって愛とするか?の違い

お互いに大好きでいるものの、相手にその気持ちがうまく伝わらないのもすれ違いの原因です。男性と女性は何に対して愛を感じるのか理解しておくことが大切になります。
女性の多くは小さな喜びの積み重ねを求めることが多いと言えるでしょう。つまり、ささやかな記念日を忘れられたりすると、不安に感じてしまうわけです。
一方で、男性は彼女の誕生日やクリスマスなどの大きなイベントさえ忘れなければ大丈夫という考えが強く、ここですれ違いが生まれてしまうことがあります。

恋愛・結婚生活で起きるすれ違いへの対処法

恋愛・結婚生活で起きるすれ違いへの対処法
すれ違いが起きないように対処するには、男性と女性がそれぞれ注意点を押さえておくことが大切です。それぞれ見ていきましょう。

男性の場合

すれ違いを避けるためにも男性に試して欲しい対策を3つご紹介します。

ぎゅっと抱き締める

わかりやすい愛情表現をすることで気持ちのすれ違いを抑えることができます。
彼女を愛おしいと感じた瞬間や嬉しいことがあった時に抱き締めましょう。2人の距離も近づき、すれ違いの回避に繋がります。

きちんと女性扱いする

特につき合いが長くなってしまうと付き合い始めた当初のようにドキドキすることも減ってしまいます。
ですが、女性は褒められると喜ぶもの。今日の服装可愛いね、いつもキレイだね、などきちんと褒めてあげると女性は嬉しくなり、2人の距離も縮まるはずです。

好きの気持ちを伝える

日本人男性は外国人に比べて女性言葉で好意を伝えることが少ないです。
すると、女性は不安になってしまうものなので、きちんと「好き」という気持ちを言葉で伝えましょう。
あまりにも好きを連発すると安っぽい言葉になってしまいますが、彼女の誕生日や2人の記念日など、ここぞという時には必ず言葉で愛情表現をするのがおすすめです。

女性の場合

大好きな彼とのすれ違いを防ぐためのポイントは次の3つです。

大切な場面で彼氏を立てる

近年は女性の社会進出が進み、男性よりも高収入を得ている女性も増えてきました。ですが、男性はプライドが高い生き物なので、大切な場面ではしっかりと男性を立てるようにしましょう。
こうすることにより、自分にとってかけがえのない女性だと感じてもらえます。信頼関係も結べますね。

スキンシップをとる

腕を組んであり、手をつなぐなどのスキンシップも積極的に取るのがおすすめ。外ではあまりイチャイチャしたくない男性もいるので、そういった場合の家の中で2人で過ごす時にスキンシップを取ってみましょう。
肌に触れることでお互いの体温を感じ、より仲を深めていくことができます。

言葉にして気持ちを伝える

女性が原因ですれ違うケースの中には、気持ちを溜め込んでしまってそれが爆発したケースが多いです。例えば、彼に何か不満を感じているのに、それを伝えられずに自分の中に閉じ込めてしまうことはないでしょうか。
それよりも、不満や希望があれば直接伝えることが大切です。また、好きにという気持ちも言葉にして伝えましょう。これは男女共通のポイントだと言えます。

永く一緒に過ごすために一番大切なこと

永く一緒に過ごすために一番大切なこと
彼氏・彼女として付き合っていたり、結婚して夫婦になればその先も長い付き合いをしていくことになります。その中ですれ違ってしまうこともあるでしょう。
ですが、お互いにそれぞれのことを思い合う気持ちがあれば大きなトラブルも乗り越えていくことができます。重要なのは、自分のことだけでなく、きちんと相手の気持ちに寄り添う心を持つということ。
何か些細なことが原因で喧嘩やすれ違い時発展したとしても、すべて相手のせいにするのではなく、思いやりの心を持って接すれば解決策が見えてきます。
特に2人で力を合わせて乗り越えていかなければならないことは相手だけに任せてしまうのではなく、協力してトラブルを解決していきましょう。

すれ違いが発生してしまったら

もしも実際にすれ違いが発生してしまったら、できるだけ早めに仲直りすることが大切です。仲がこじれたままで時間が経ってしまうと修復が難しくなってしまったり、さらなるすれ違いに繋がることも珍しくありません。
お互いに頑固な場合はなかなか片方が折れたり謝ったりすることが難しくなってしまいますが、これも自分のことだけを考えるのではなく、相手のことを考えれば自分から折れたり謝りやすくなるはずです。
すれ違い防ぐためにも今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。
■この記事を執筆したアドバイザー
チーフアドバイザー 大前 美翔
1972年生まれの東京都出身。28歳で起業し、30歳でワンランク上の結婚相談所「株式会社ハッピーカムカム」代表取締役に就任。

関連する記事



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.