ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛心理学

マズローの心理学的に結婚観を考えると大事なものが見えてくる

2018年9月14日

マズローの心理学的に結婚観を考えると大事なものが見えてくる
ご自身の結婚観を考えるときに役立つ「マズロー心理学」をご存知でしょうか?
マズロー心理学は人間の欲求を5段階に分けて説明しており、それぞれの段階的な欲求を理解し実践することが、幸せな結婚生活を送るためのヒントとなります。
ご結婚をお考えの方は、長期に渡る結婚生活を幸せなものにするために、ぜひ今回の記事をご参考ください。

マズローの心理学的に考える結婚観

マズローの心理学的に考える結婚観
結婚を考えた際に、ぜひ活用していただきたい「マズローの心理学」。
マズローの心理学とは、人間の欲求を段階的に表現したもので、結婚までに必要な欲求としては5つの段階に分かれています
マズローの心理学から結婚観を考えると、結婚について非常に大切なものが見えてくるので、結婚を考える際にはマズローの心理学を知ることがとても役立ちます。
また、ご夫婦となった後も、これからお話する欲求段階が偏っていないか話し合うことが、長く仲睦まじく生活をするためのポイントともなりますので、ご結婚後も役立つ知識です。

第一階層:生理的欲求

第一階層に位置するのは、生きるための欲求である「生理的欲求」です。
人間が生物として生きるために求めるもので、言わば「本能」とも言える欲求。
食事・睡眠・性欲・排泄・子孫繁栄など、生物全般に備わっている最も原始的な欲求であり、結婚では「子供を授かる」ことに該当します
つまり、「子供を産むために結婚したい」と考えている方は、第一階層である生理的欲求を満たすために結婚を望んでいると言えます。

第二階層:安全欲求

生理的欲求の上の階層に位置するのは、安心・安定・安全を求める「安全欲求」です。
人が安全に生きるための「生存権」を維持するための欲求で、自分自身の生命が脅かされない状態にるときに満たされます。
結婚においては家を持ち安全に暮らせること、収入があって安定していること、暴力などがなく安心できる居場所が確保されていることなどが該当。
つまり、住むべき家があって、日々の安全が確保されていて、健康も保たれている状態であれば安全欲求が満たされていると考えられます。
第一階層の生理的欲求と併せて、人間として生きるためには欠かせない基本的な要素です。

第三階層:社会的欲求

安全欲求の上に位置する第三階層には、コミュニティに属して孤独を回避する「社会的欲求」が位置します。
社会的欲求は、生理的欲求と安全欲求が満たされた後に現れ、何らかのコミュニティに属したい、居場所が欲しい、愛情が欲しいなど、人と人との関連性に関する欲求です。
結婚においては、「寂しいから結婚したい」「孤独を避けるため家族が欲しい」という欲求が社会的欲求そのものだと言えます。
また、「彼氏・彼女がほしい」という欲求も、社会的欲求に含まれる愛情欲求によるものです。
人は誰しも自分なりの「居場所」を求める性質がありますから、自分の居場所を確保し、愛情を得るために結婚をしたいと考える方は多いようです。
実際に婚活をしている方の話を伺っていると、第三階層以降の欲求を満たすために結婚を望んでいるという方が少なくありません。

第四階層:尊厳欲求

第三階層の社会的欲求が満たされると、その上に位置する「尊厳欲求」が現れます。
尊厳欲求は、お相手から認められたい、評価されたい、尊敬されたいという気持ちの現れで、家族というコミュニティに属しながら、家族内で自分が評価されることを求める欲求です。
自分への賞賛は他人がいないと実現しないので、第三階層の社会的欲求が満たされない限り、決して満たされることがありません。

尊厳欲求を満たすために結婚をすることは、多少なりとリスクを背負っています。
なぜなら、結婚されるお相手が本当にご自身の尊厳欲求を満たしてくれるかは未知数であり、もしも満たしてくれる相手でなかった場合、お互いに不幸な結末になりやすいためです。
具体的には条件重視でお相手を選ぶ場合が該当し、スペックの高いお相手とご結婚された場合、周囲の人からは賞賛・羨望の視線を向けられるかもしれません。
しかし、お相手があなたを賞賛してくれる人物ではないということもありえます。
その場合、周囲の人によって尊厳欲求が満たされるものの、ご家庭内では満たされないというジレンマに陥る可能性もあるのです。

第五階層:自己実現欲求

結婚に必要なマズロー心理学の最上階層に位置するのは、あるべき自分でありながら、お互いに認めあった夫婦関係でいたいという「自己実現欲求」です。
自己実現欲求は、他人に影響されない「あるがままの自分」でいたいと求めることであり、人間としての欲求ではなく、自我を持つ一人の人としての欲求
第一階層から第四階層までのすべてを含めつつ、生物ではなく個である一人の「人」として存在していたいという高次元な思いです。

結婚観においては、「寂しいから結婚したい」「認められるために結婚したい」という欲求ではなく、「自分らしい結婚がしたい」「尊重しあえるパートナーとともに生きていく人生を実現したい」などが該当します。

婚活の成功は相手の気持ちを考えること

婚活の成功は相手の気持ちを考えること
幸せな結婚生活を送るためには、第五段階の自己実現欲求を重視し、お相手の気持ちを考えることが最も重要です。

結婚にとって重要なことは「自己実現欲求」

結婚で最も重視するべきは、「尊厳欲求」ではなく「自己実現欲求」です。
お二人が自分自身の尊厳欲求を満たすためではなく、お互いの自己実現欲求を満たすために行動できれば、ご夫婦がいちばん大切なコミュニティになっていけるはず
結婚をすると「家庭」はコミュニティとして最も小さく、最も身近なものとなりますが、その最も身近なコミュニティが充実していれば、幸せな結婚生活を送ることができます。

自己実現欲求を満たすには「相手の気持ちを考える」こと

夫婦がお互いの自己実現欲求を満たすために大切なことは、「相手の気持ちを考えること」です。
相手の気持ちをすべて理解することはできませんが、少なくとも、相手が何を大事に思い、何を欲しているかは考えられると思います。
少しの誤解があろうとも、自分の欲求よりも相手の気持ちを最初に考える人は、関係を長く続けられますし、お相手からも「一緒にいたい」と思ってもらえるものです。
そして、お互いがお互いを認めあえる関係性を築けたなら、「お隣の奥さんのほうが若い」「お隣の旦那さんのほうが高収入だ」など、他のご夫婦と比較してしまうこともなく、お互いを尊重しあって生きていけるようになります。

結婚観は「マズロー心理学」から学ぶ

結婚観は「マズロー心理学」から学ぶご自身の結婚観を考えるうえで欠かせないことは、「マズロー心理学」の5段階の欲求です。
結婚において最も重要な階層は、第五階層である「自己実現欲求」。
夫婦がお互いを認め、尊重しあって生きていけば自己実現欲求が満たされた状態となりますが、そのために必要なことは、お相手の気持ちを考えることに他なりません。
ご自身の気持ちよりも先にお相手の気持ちを考え、お相手を満たしてあげることを優先することで、自己実現欲求が満たされた幸せな結婚生活が送れるようになります。
もし、さらに結婚について学びたいという方がいらっしゃいましたら、ぜひ結婚相談所「ハッピーカムカム」の無料相談予約をご活用ください。
結婚・婚活に精通したプロのアドバイザーが、あなたの幸せな結婚生活に対してアドバイスさせていただきます。

ハッピーカムカム

恵比寿・広尾のワンランク上の結婚相談所 創業18年、成婚者1,500組以上。業界トップクラスの成婚率53.9% メディア・講演実績多数。

キラキラハッピーカムカムキラキラ
ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら

関連する記事



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.