ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

夫婦問題アドバイス

敬老の日~夫婦のあり方~

敬老の日



こんにちは、ハッピーカムカムの大前です。
「何を贈るかよりも、何が伝わるか」

本年度2012年は9月17日が敬老の日ですね。
東京恵比寿の結婚相談所ハッピーカムカムアドバイザー婚活ブログ-baumukuhen

(画像HPよりお借りしました)
私は、和菓子の息子として生まれた辻口シェフが手がける

「洋菓子の世界」。
Le Chocolate De H  渋谷ヒカリエ店限定の
「ショコラバウムクーヘン」を贈りましたプレゼント
モノを贈ることも考えたのですが、80代・90代の老夫婦ということも
あり、祖母も病を患いもう何を贈っても正直変わらない・・・。
もし、時代問わず普遍的に変わらないものがあるとしたら

「毎年 敬老の日を楽しみにしている。
覚えていてくれる“気持ち”が嬉しいと午前中から待っている」
そういう目に見えないモノのような気がします。
今年でひょっとしたら最後かもしれない、それだったら
今までだったらまず贈らない、そういうものを贈ろうかと思いました。

真の夫婦



さて、私は父方の祖父・祖母をもう亡くし
母方の祖父・祖母しかもうこの世に生きていません。
そして、私の母も末期がんで亡くしています。しょぼん
子供に先だたれる親の気持ちははかりしれなかったと思います。
そんな亡き母20歳の時、戸籍謄本をみて愕然としますー。
「母親が自分だけ違う・・・」

そうなのです。亡き母の本当の母親というのは、20代で病死し
母親の妹が、祖父と結婚し3人の子供を育てたのです。
最初は、あまりのショックで海外に逃避したようですが、
世界をみて半年で帰国しました。
「なんて自分は小さなことで悩んでいたんだ・・・。
お母さんは、母親として変わらず愛情をもって自分を育ててくれて
いたんだ」
最初は、母親を守るための結婚で夫婦だったかもしれませんが、
やがてそれは真の夫婦となり、
今だに祖父は90代なのに、女として嫉妬するくらいで、
自分が病気になって命を落とすところであったとしても
「私がおじいちゃんを守らないと!」
と、退院した後、何時も祖父を支えようとするのです。
なお、祖母は知らないかもしれませんが、
私も物心ついたときから、実はこの事実を知っていましたが
「祖母」としての愛情は変わらないと感じ、今も偏見がありません。
会員様の中には、私のように家族を亡くされ哀しみを抱えた方も、
勿論沢山いらっしゃいます。
会員様だけではなくアドバイザーも、色々な哀しみを抱え
そして受け止め生きています。
同じ苦しみ、哀しみはわからないかもしれませんが、その気持ちを
「理解しよう」とは思います。
そうして、哀しみから幸せを掴んだ多くのカップルを実際目に
してきました。
敬老の日を通し、今一度「夫婦のあり方」を考えたいですね。

最後に



「今生きている祖父と祖母はもう二人しか私にはいません。
残り少ない余生を、どうか心穏やかに、夫婦仲良く自愛して生きてほしい。
そして、おばあちゃん、私の母を守って育ててくれて本当にありがとう。
私もずっと本当の祖母だと思って生きてきて、
これからも、何1つそのカタチは変わりません」

宝石紫ハッピーカムカム は創業12周年宝石紫
累計1,000組以上の成婚者を突破いたしました。
成婚率は業界トップクラスの51.6%Wハート
>>成婚者のお喜びの声 <<
成婚者の生の声で成婚の秘訣をぜひご参考にください♪
真剣にご結婚したい方は、まずは無料相談にお越しください♪
【年中無休】
【最寄り駅】恵比寿駅より徒歩5分
TEL:0120-366-828
>>ハッピーカムカム無料相談 <<
    
は下記↓をクリック
merumeru無料相談予約はこちら


東京渋谷・恵比寿・広尾の結婚相談所 婚活ブログ-happycomecome
ハッピーカムカムFacebookページです

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.