ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛結婚アドバイス

共働き夫婦が幸せになるために必要なこと

古い慣習を引きずらない!思いやりを持とう!!



「~べきという古い慣習を捨てる」
こんにちは、ハッピーカムカムの大前です(*^▽^*)
3人に1人が、結婚しても離婚する現代社会。
結婚をするときは、二人とも永遠を誓ったはずなのに
どうして、離婚という道のりをたどる人が増えたのでしょうか?
“お互いを思いやれなくなる”
という感情や時間のすれ違いもあると思いますが
男とは、稼ぐべき。
女とは、家庭を支えるべき。
という、古い慣習が
共働きという新しいライフスタイルと合わなくなって
きたことも1つあるのではないでしょうか?(;^_^A
夫が、うっとおしい・・・
60代 Aさん 女性
会社員を辞めた夫が、家でずっと妻が食事をつくるまで
何も食べず待っているのが
うっとおしいというストレスをかかえていました。
実は、Aさんだけに限らず
よく聞く話は
家事の負担が大きすぎる
(特に食事)
ということです。

現代共働き夫婦は急増中



現代は、専業主婦というライフスタイルはほとんど皆無の時代で
女性も働き、共働き夫婦は急増しています。
(一昔前)女性の仕事は家庭を支えること (家事+子育て)
が主流だったにも関わらず
(今)女性の役割は、仕事+家事+(子育て)
これでは、女性が経済力をつけ子供が成長すれば
何も今の旦那さんにすがって生きる必要もないという
気持ちも一部理解できます・・・・。
現場でも、無職の女性、専業主婦を希望する女性を
結婚相手として対象に考えられない男性は
増えています。
しかし、経済的な問題で女性にも働いてほしいというのであれば
男性も家事や子育てに対し
女性に一方的におしつけ
女性とは家庭を支えるべきという
古い慣習を引きずらないほうがいいかもしれませんね。

歩み寄る姿勢が大切



新しいライフスタイルで夫婦生活を円満に送りたいのであれば
「男とは~べき
女とは~べきという古い慣習を捨てる」
「お互いを理解する時間をつくる」
人はたった1人で生きていくことは難しいからこそ
違った価値観をもった者同士、
歩み寄る姿勢が大切かもしれませんね('-^*)/
夫婦とは、ツインですので
片方だけが幸せ!ということはありえなく
個々がどちらも幸せである道を模索していく
ことが、夫婦の幸せだと私は思いますよ(^-^)/


 

キラキラハッピーカムカムキラキラ
恵比寿・広尾のワンランク上の結婚相談所
創業16年、成婚者1,200組
業界トップクラスの成婚率52.2%
メディア・講演実績多数
wedding

キラキラ何がワンランク上なの?はこちら キラキラ
キラキラ無料相談予約はこちら キラキラ

キラキラハッピーカムカム公式メルマガキラキラ
~33日で運命の出会いを引き寄せる~
読者登録は
こちら
 

 

 

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.