ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

婚活日記

結婚を決められない理由を男女別にご紹介!決断に大切なことも解説します

2018年3月2日

こんにちは。ハッピーカムカム岡部です。
いつも大事な場面で重要な決断ができないタイプの人もいますよね。例えば将来的に結婚したいとは考えているものの、はっきりと決断できない…といった状況に悩んでいませんか?
実はそういった考えには理由があるんです。男女別の理由と、対策についてご紹介します。

結婚を決められないのは何で?よくある理由をご紹介

結婚を決められないのは何で?よくある理由をご紹介
男女別に結婚を決められない理由についてまとめました。自分に該当しているものがないかチェックしてみてくださいね。

男性のケース

男性は結婚後に一家を支える大黒柱となります。そういった関係もあり、家庭を支えていく自信がないということで決断しきれない人もいます。
例えば今の収入が安定していなくて、結婚後に奥さんや子どもに迷惑をかけてしまいそう、自分の収入だけで家庭を支えていけるのか不安といった問題が隠れているわけですね。
共働きならある程度安心ですが、奥さんになる予定の人から「結婚したら専業主婦になりたい!」なんて言われているようだと、更に不安は大きくなってしまいます。
また結婚したら遊べなくなるので、まだまだ遊びたいという理由から結婚を先延ばしにしている方も多いです。
他にも仕事が忙しくて結婚について前向きに考えられない、彼女以外にもっと理想的な人がいるのではという考えから決断できないという方もいます。

女性のケース

女性の場合も男性と同じように、結婚後にきちんと妻として旦那さんを支えていけるのか不安に感じ、結婚を悩んでしまう方がいます。
特に実家暮らしが長く、家事などはすべて母親に任せていたような女性の場合、毎日行わなければならない料理や洗濯を不安に感じることも。
反対に一人暮らしが長い女性の場合は、自分一人の時間がなくなってしまうことにモヤモヤした気持ちを感じ、結婚を迷ってしまうことがあります。
近年はバリバリ働く女性も増えてきているので、仕事が楽しいと感じている方の場合は、結婚するよりも働きたい、家庭に入りたくないということで結婚を避けるケースも多いです。

結婚を決められる人と決められない人の違いとは?

結婚を決められる人と決められない人の違いとは?
自分が結婚を迷っている状況にあるときに、友達があっさり結婚を決めたりすると「自分と何が違うんだろう」と疑問に感じますよね。その理由についてチェックしてみましょう。

男性のケース

自分に自信があるタイプの男性は、結婚を短期間で決断しやすいです。
例えば普段の仕事においても「十分な準備をしてきたけれど失敗したらどうしよう」と考える人は、結婚を迷いやすいタイプ、
「十分な準備をしてきたから間違いなく成功する!」と考えられる人は、結婚を決断しやすいタイプだといえます。
実際に結婚後の生活は始めてみなければわからないことがたくさんあるわけですが、「うまくいかないかも」「失敗してしまうかも」とネガティブ思考にある方は、どうしても結婚を迷いやすくなってしまうわけですね。
それから結婚後の家庭を支えられるか自信がないというタイプの男性の場合、言い換えれば失敗したときに責任を負いたくないタイプだともいえます。
責任感が強く、何かトラブルが起きたときは、自分でしっかり解決できる力のある方は結婚を決断しやすいです。

女性のケース

大きな違いは、物事を考える際にポジティブにとらえるか、ネガティブに考えるかということです。
結婚後の生活を想像した際に「大好きな人と一緒になれたら絶対に幸せ!どんなすてきな生活が待っているんだろう!」と考えられる人は、結婚を決断しやすいといえます。
反対に「結婚してもうまくやっていけるかわからないし家事もお金も不安。はぁ、どんな生活を送ることになるんだろう…」と考えてしまう女性は、なかなか結婚を決断できません。
家事に不安を感じる女性もいますが、普段から積極的に家事をこなしている人はそういった不安も感じにくいので、自信を持って結婚に踏み切ることができます。

結婚を決められない男性に振り回されない対処法

結婚を決められない男性に振り回されない対処法
男女で見てみると、結婚を決められない傾向が強いのは男性のほうです。
「何年も付き合っている彼氏が結婚を決めてくれない」と悩んでいる女性は、次のような対策を取ってみましょう。

彼の考えを改めさせる努力をする

例えば彼が結婚に対してマイナスのイメージを持っているために、なかなか結婚を決断できないような場合、プラスのイメージに塗り替えると効果的です。
「結婚したらこんな楽しいことが待っているよ」とメリットを伝えてみてくださいね。

待てる期限を伝える

「今は仕事が忙しいから」とか、「まだ収入面で自信が持てないから」と結婚を先延ばしにする彼氏の場合は、いつまで待てるのかをはっきり告げるのも効果的!
例えば、「絶対に○歳になるまでは結婚したいと考えている」「今年中に決断して欲しい」というように告げ、あとは小言を言わないようにしましょう。
強い意志を伝え、彼氏がそれまでに全く変わってくれないようなら、他の男性との出会いを探したがほう結婚は近づきます。

別れも視野に入れて検討する

全く彼氏に結婚願望がない場合、実際に結婚できるのはかなり先になってしまう可能性が高いです。できるだけ早く結婚したいと考えているのなら、別れも検討するべきですよね…。
ただ彼氏に別れの意思を伝えると、焦って結婚を検討してくれるケースも多いです。

結婚を決断する際に大切なこと

結婚を決断する際に大切なこと
結婚を決めたいけれどどうしてもできないという方は、次の3つのポイントに注目してみてくださいね。

相手の良いところを見るようにする

結婚を不安に感じていると、相手の悪いところばかりが目についてしまいがちです。そうではなく、良いところを見るようにしましょう。
減点方式ではなく加点方式で考えると、結婚も前向きに考えられるようになります。お互いに良いところを見つけてそれを褒めたり、伸ばせるようだと結婚後の生活も楽しくなるはずです。

迷いを捨てる気持ちを持つ

結婚に対して様々な不安を抱えている方は多いですが、良くないことばかり想像してもプラスにはなりません。迷う気持ちがあるといつまでも結婚には近づけないので、結婚したいのなら思い切って行動することも大切。
大事な場面では迷いすぎないことが、幸せをつかむきっかけになります!

ある程度は妥協も必要

100%自分が理想としている結婚相手を見つけるのは、なかなか難しいことです。
収入面で不安があるな…。顔があまりタイプじゃないんだけど、もう少し気遣いができる人ならいいのにな…。
このようにマイナスに感じることはいろいろあるとは思いますが、妥協できるポイントは目をつぶりましょう。

悩みすぎず、前向きに検討することが大事

悩みすぎず、前向きに検討することが大事
結婚は自分にとって大切なものです。幸せになるためにも慎重になるのは仕方がないことだといえます。
ですがあまりにも悩みすぎて、幸せを逃ししまったら意味がないですよね。結婚を決断できないと悩んでいる方は、自分が結婚を決められない理由をよく考え、しっかり向き合ってみましょう。
自分なりの判断基準を作り、それを満たしている相手と出会えたら、結婚一直線で考えてみるのも一つの方法です。結婚というのはゴールではなくスタートなので、それからの生活を二人でどのようにより良くしていくのかにも目を向けてみてはどうでしょうか。
■アドバイザーの紹介
チーフアドバイザー 岡部 宅也
大手電機メーカーや、芸能プロダクションの経営なども経験。異性の好みを教える恋愛セミナーは評価が高く、理想の相手探しをサポート。

キラキラハッピーカムカムキラキラ
ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら


関連する記事



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.