ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛結婚アドバイス

お見合い相手に望む年収とは?将来の伸び代を育てよう!

2017年9月15日

お見合い相手に望む年収とは?将来の伸び代を育てよう!
こんにちは!ハッピーカムカム岡部です。今日はお見合いにおけるお相手に望む年収について書きます。

特に女性はお見合いをする際に相手の年収を気にする傾向がありますが、多くの方はどれくらいの年収を希望しているのでしょうか。また、今のお相手の年収以上に気をつけておきたいポイントについてご紹介します。

お見合い相手に望む平均年収とは?

お見合い相手に望む平均年収とは?
女性が結婚相手に対して希望する年収は、平均すると400万円ほどとされています。
これは、「400万円くらいの年収があれば良い」というよりも、「最低でも400万円以上稼いでいる人が良い」という意味です。

更に言えば、「できれば年収500万円以上を希望したい」という女性が多いといえます。もちろん600万円以上じゃなければイヤ、1,000万円を超えている人でなければ検討できないという女性もいますが…。

続いて、実際に男性の平均年収を見ていきましょう。国税庁が行った調査によると、男性の年代ごと平均年収は次の通りです。

  • 20~24歳…284万円
  • 25~29歳…404万円
  • 30~34歳…470万円
  • 35~39歳…528万円
  • 40~44歳…581万円
  • 45~49歳…635万円
  • 50~54歳…682万円

参考:(PDF)国税庁長官官房企画課:平成30年分 民間給与実態統計調査 -調査結果報告-[PDF]

20代前半で400万円以上稼いでいる人を探すのはなかなか難しそうですし、500万円以上の年収を希望するのなら30代半ば以降の男性から検討したほうが見つけやすそうです…。

年収にこだわり過ぎると失敗することも

年収にこだわり過ぎると失敗することも
愛はお金じゃ買えないなんて言いますが、結婚後の生活ではなにかとお金がかかるのも事実。しかし、やはり収入にこだわり過ぎると失敗する可能性があります。
次のようなリスクがあるので注意しておきましょう。

仕事人間過ぎてすれ違いが起きる

毎日適当に仕事をして高収入なんて人はほぼいません。つまり、稼ぎが良い人はそれだけ仕事に打ち込んでいるということ。
言い換えれば、必死で働いているからこそ高収入を達成できているわけですよね。

こういった男性と結婚した女性の中には、確かに収入はいいけれど毎日残業で休日出勤もするからほとんど一緒に居られない、楽しみにしていた家族旅行が仕事でキャンセルになったといった悩みを抱えることも多く、すれ違いにつながりがちです。

お金にうるさい可能性

高収入で羽振りの良い男性もいれば、とにかく節約してお金にがめつい人もいます。お見合いデートで一円単位まで割り勘をするような相手は要注意。生活費もケチったり、毎日貯金や節約のことばかり考えたりする生活を強いられてしまう恐れもあります。

婚期を逃す可能性がある

とにかく高収入の男性が良い!とこだわりすぎてしまうと、条件に該当する人が現れず、結果的に婚期を逃す可能性もあります。当然ながら高収入の男性は自分に見合った人を探しているので、あまり高望みし過ぎないように注意が必要です。

今の年収で判断せず伸び代を育てよう

今の年収で判断せず伸び代を育てよう
今の年収だけでなく、「伸び代」について考えてみるのもおすすめです。

例えば、とにかく価値観が合う理想的な相手が見つかったものの、年収が300万だったとします。しかし、彼はまだ20代。これから30代、40代になればどんどん出世し、収入が増えていく伸び代もあると考えられますよね。
特に仕事ができるタイプの場合、伸び代は大きいといえます。

伸び代は女性次第!

昔から内助の功なんていいますが、実際その通りだと感じます。女性が男性を支え、それが成長に繋がって結果的に高収入に結びつくことも多いです。
男性が一人で育つのには限界があるので、男性が気持ちよく仕事ができるように支えていきましょう!

特に効果的なのはほめること

実際に年収の高いご家庭では、旦那様に対して奥様はどのように接しているのでしょうか。
大きなポイントは、相手の良いところを見つけて褒めること。つまり、褒めて伸ばしているんです!

仕事で失敗した時に「だからあなたは駄目なのよ、私はこうしたほうが良いって言ったじゃない」と男を下げてしまうような発言をするのではなく、「あなたがいっぱい努力していたのを知っているから、次はきっとうまくいって信じてるよ」と、男性のやる気に繋がるような言葉をかけられる女性になることが重要です。
こういった気遣いは夫婦円満な生活を送る上でも欠かせないものだといえます。

年収よりも考慮したい仕事のこと

年収よりも考慮したい仕事のこと
高収入の男性と結婚することが必ずしも自分の幸せにつながるとは限りません。

例えば、仕事に関する不満について。毎日残業ばかりで帰ってくるのは日付が変わる頃。そんな生活が続けばまともに会話をする時間も取れないし、すれ違いにつながってしまいます。更に、くたくたになって帰ってくる旦那さんに家事を手伝って欲しいとお願いするのはなかなか難しいですよね。
お互いフルタイムで働いている場合、女性側の家事負担が大きくなる可能性が高いです。また、子どもが生まれたあとは育児の負担も加わります。

旦那さんが朝早くから夜遅くまで働いている場合、家事も育児もサポートしてもらうことができず、結果的に大きなストレスを感じている方も多いんです…。

それから、業務時間が不規則だったり、仕事内容が危険だったりすることから高収入の仕事もありますよね。お相手の収入ばかりに目を向けるのではなく、その方が具体的に毎日どのように働いているのか、結婚後はどのような生活になりそうかまで含めて検討することが重要です。

年収以外の部分に目を向けましょう

年収以外の部分に目を向けましょう
お相手の年収を重視したいと考えている方のために、一度よく考えておかなければならないポイントをご紹介しましょう。

お金があるからといって幸せとは限らない

高収入の方と結婚できれば幸せになれるという考えは捨てましょう。いくらお金に余裕のある生活ができたとしても、価値観が合わない、人として尊敬できない、一緒に居て安らげない…。そんな男性と結婚してしまえば幸せな結婚生活を送ることはできません。

人間性にも注目

高収入の男性の中には、自分よりも稼ぎが低かったり、専業主婦であったりする女性を見下してしまう方もいます。実際、旦那からモラハラを受けたと感じて離婚を決断する女性も少なくないんです…。どのような人間性なのかは結婚に踏み切る前にしっかり判断しておいてください。

金銭感覚に注意

金銭感覚にズレがあると結婚生活は何かと苦労します。
例えば、将来何かあったときのことなど考えるとしっかり貯金して備えたいものですが、年収400万円で一般的な金銭感覚がある方と、年収1,000万円でもお金の使い方が荒い方では、結果的に貯金できる金額が同程度であるケースも多いです。

高収入だからこそ金銭感覚が狂っている方もいるので注意してくださいね。このように、様々な注意点があるため、もう一度年収以外の部分に目を向け、条件面などを考え直してみてはいかがでしょうか。

収入に関してはよく考えなければならないポイント

収入に関してはよく考えなければならないポイント
お金に苦労する生活よりも、ある程度を余裕のある生活を送りたいのは誰しもが考えることなので、結婚相手の年収にこだわる女性が多いのは当然です。しかし、今回ご紹介してきたようにとにかく高収入に妥協こだわれば良いのか?というと、それは違います。
確かに収入に関してもいろいろ考えなければならないことはありますが、それ以上に、その方と結婚して自分がどのような生活を送ることになるのか、幸せになれるのかについてもよく考えてみてください。
といっても、結婚後の生活を具体的にイメージすることは難しいので、どのような人が自分に理想的なのかも判断しにくいですよね。

ハッピーカムカムでは上質な会員様が多数在籍しており、一人ひとりの理想に合わせて最適な人物をご紹介しています。何を重視してお相手探しをしたいのかなども細かくご相談いただけるので、まずは無料相談からご利用ください。

ハッピーカムカム

恵比寿・広尾のワンランク上の結婚相談所 創業18年、成婚者1,500組以上。業界トップクラスの成婚率53.9% メディア・講演実績多数。

キラキラハッピーカムカムキラキラ
ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら

関連する記事



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.