ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

想起

ワインを女性にたとえると~恋愛とワイン~

ワインで例えた女性



ども。代表の峰尾(♂、37歳)です。
最近は、カリフォルニアワインが台頭してきている。ワイン
ナパバレーは、フランスのブルゴーニュと、ほぼ同じ
テロワール(気候、日照時間、湿気、土壌などの総合評価)だと
いうことで、プロのソムリエでも、見た目も味も、ブルゴーニュ産と
間違えるほどである。
オーパスワン、ケンゾーエステート、日本人の作り手もご活躍
されており、
一つのアメリカンドリームに近いものがあるかもしれない。
僕自身、どちらも甲乙つけがたい。
ナパバレー産の方が、あのクオリティで、あの値段と考えると、
コストパフォーマンスがずば抜けたワインだと思う。
が、個人的に、何かが物足りないと思ってしまう。
ブルゴーニュにあって、ナパバレーには無いもの。
それは、「歴史」
ワインの聖地ブルゴーニュの歴史は、ローマ時代にまで遡る。
当時ガリアと呼ばれていたフランス一帯を征服したローマ人が、
ワインの栽培を始める。
ワインだけでなく、農作物の命は畑だと言うが、数千年に渡り
ブドウを育て、そのブドウがさらに又肥料になり、
最高級のワインが育つ畑が出来上がる。
まさに、ローマは一日にしてならずと言おうか。
さらに、かの有名な「ロマネコンティ」は、ブルゴーニュの
コートドニュイで栽培されるが、ロマネとは、古代ローマ人への
敬意を込めて、フランス語で「ローマの」。
コンティは、ルイ十五世治下の公爵の名前。
かのルイ十五世の愛妾ポンバドュール夫人と所有権を争い、
見事その畑を手に入れた人物の名前である。
そんなこんな、ブルゴーニュワインには、様々な歴史、
そして歴史を実際に香り、舌で味わうことが出来る。
こんな経験が出来る食べ物は、他には無いと思う。
又脱線したが、ワインにはそういう点が人をひきつけて
止まない魅力があるのだ。
で、話が又それたが、ワインを敢えてざっくりブルゴーニュ、
ナパバレーと大別するなら、女性は、前者は「歴史を知りたい」
と思わせる女性、後者は「将来に投資したい」と思わせる女性。
どちらがいいか悪いかではなく、明らかに好みが
分かれるポイントではあるに違いないはーと
宝石紫ハッピーカムカム は創業16周年宝石紫
累計1,000組以上の成婚者を突破いたしました。
成婚率は業界トップクラスの51.6%Wハート
>>成婚者のお喜びの声 <<
成婚者の生の声で成婚の秘訣をぜひご参考にください♪
真剣にご結婚したい方は、まずは無料相談にお越しください♪
【年中無休】
【最寄り駅】恵比寿駅より徒歩5分
TEL:0120-366-828
>>ハッピーカムカム無料相談 <<
    
は下記↓をクリック
merumeru無料相談予約はこちら


東京渋谷・恵比寿・広尾の結婚相談所 婚活ブログ-happycomecome
ハッピーカムカムFacebookページです

よろしければ、ブログランキングのバナーに

クリックしていただけると嬉しいですはーと
東京恵比寿の結婚相談所ハッピーカムカムアドバイザー婚活ブログ-bloglangking
婚活アドバイス・婚活応援 ブログランキングへ

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.