ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛結婚アドバイス

ジューンブライド│結婚生活の守護神

6月といえば…ジューンブライド!!



こんにちは!ハッピーカムカムスタッフTです。( ´ ▽ ` ))
6月になりましたね!
梅雨入りという発表もあったので、これから雨が多くなるんでしょうね。
6月といえば、そうです
 
“ジューンブライド”
6月に結婚すると縁起がいいという意味です。

ジューンブライドの意味とは?



ジューンブライドの意味は3つくらいあるようです。
(1)ローマ神話の結婚生活の守護神Junoを祝う
6月に合わせて結婚すると幸せに。
(2)ヨーロッパは5月まで農作業があるので、
終わってから結婚するように。
(3)6月のヨーロッパの気候が一番良いから、
カップル記念日もあるし、結婚も追加した。
まぁ、王道の(1)でいけば神秘的でご利益ありそうですね?
とはいっても、
結婚はタイミングなので神頼みより、
自力で掴み取るほうが幸せになると思いますよ('-^*)/
さて、ここでギリシャ神話のお話です。
 
ギリシャの神ゼウスの妻ヘラは
最高位の女神といわれ、
結婚生活の守護神ともいわれいます。
しかし、ゼウスは浮気性だったため、
ヘラは浮気を監視するのに必死だったとか。
その必死な姿からも結婚生活の守護神
言われている説もあるそうです(;^_^A
この神話がローマに流れ
ゼウスではローマ神話はユーピテル。
ヘラがローマ神話ではユーノー(Juno)。

結婚生活の守護神ユーノー(Juno)に見守られてお幸せに♪



このユーノー(Juno)を6月1日に祭っていることから
“6月に結婚をすると結婚生活の守護神
ユーノー(Juno)に見守られて
素敵な結婚生活をおくることができる”

 
といわれるようになったようです。
この結婚生活の守護神は女性には味方で、
男性には厳しい感じがしますので
もし女性が6月に結婚を予定しているならば、
こんな伝説にあやかってみるのも1つかも!?(^O^)/
つづく。

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.