ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛結婚アドバイス

本交際に進まない本当の理由

2019年4月12日

こんにちは、ハッピーカムカムの大前です。
お見合いでは仮交際からスタートするわけですが、その先の本交際になかなか進むことができず、悩んでいる方がたくさんいます。なぜスムーズに本交際に発展できないのでしょうか?
その理由としておさえておきたいポイントや、本交際に進めるためのコツなどについてご紹介します!

本交際に進まない本当の理由とは?

本交際に進まない本当の理由とは?
本交際に進まずに悩んでいるのなら、その理由から考えてみましょう。次のような心理が隠れています。

お互いに遠慮しているから

本当はお互いに本交際に進みたいと考えているものの、なかなか踏み出せない人もいます。
例えば女性の気持ちを重視しようと考える男性は、グイグイ強く出ることができません。
女性としても男性から核心的な一言を言って欲しいということで、自分から本交際の申し出をできない方がいるのです。
また、まだ出会って間もないために相手の気持ちを測りかねている方もいるはずです。
「自分としては本交際に進みたいと考えているものの、何となく相手が乗り気ではないように感じる」
このような状態になると、なかなか自信を持って本交際の申し出はできません。すると、お互いに遠慮してしまい、ずるずると仮交際の期間が長くなってしまうのです。

本交際=結婚だと思っているから

本交際は正式なお付き合いを始めることをいいます。一般的に本交際は相手と本格的な結婚を意識した付き合いをしていくことになりますよね。
自分と相性が良いのか、結婚後にトラブルを抱えることなくうまくやっていけるか、というようなことを見極める期間です。
仮交際に比べると結婚に向かって一歩先に進んでいく段階ということもあり、「本交際=結婚」のイメージが強くなってしまう方も少なくありません。そのため、仮交際の段階でまだ相手のことがよく理解できていないと、本交際に進む勇気が持てなくなってしまうのです。
言い換えると、「本交際に進んでしまうと万が一合わなかった時に困る」という心理が働いた結果ともいえます。

もっと他にいい人がいるかもしれないから

結婚相談所には実にたくさんの人が登録しています。毎日新規入会者がいて、「この人は良さそうだな!あ、この人も…」と目移りしてしまうことがあるはずです。
すると、現在仮交際のお相手を目の前にした時に「自分にはもっといい人がいるのでは?今この人と本交際を決めてしまっていいのかな…」という真理を持ってしまうことがあります。
特に一般の人に比べて高い理想を持っている方などは、こういった傾向が強くなるので注意しなければなりません。
確かに、もっと他に居人がいるかもしれませんが、その人と出会えるのは何年後か不明です。
また、現在仮交際中の人よりもいい人は現れない可能性もあります。
確信の持てない未来に期待し過ぎることは出会いのチャンスを逃す原因にもなるのです。

本交際に進んでも破局するかもしれないから

本交際に進んだ後に破局するケースは、残念ながら珍しいことではありません。この時、お互いに少なからず気まずい思いをするものですよね。
破局する原因は人それぞれではありますが、本交際を初めてみたところお互いの金銭感覚が全く異なることがわかった、自分にとって譲れないポイントで相手と合わないことに気づいたなどが挙げられます。
本交際というのは、その人と結婚した場合に本当に幸せになれるかどうかを見極める期間でもあるので、本交際中にトラブルが発生したり、「この人とは合わない」と感じたりしたら破局という結果になってしまうわけです。
恋愛に臆病になっている方の場合、仮交際中は相手とうまくいっていても本交際で失敗するのが怖くなり、前に進めないこともあります。

本交際に進まない人の特徴

本交際に進まない人の特徴
本交際に進まない人には次のような特徴があります。

ネガティブ思考

「本交際になったから破局するかもしれない」
「もしかしたら自分とは合わないかもしれない」
「本交際の申し出をしたら嫌な顔されるかもしれない」
というように、すべて「かもしれない」という仮定の話でネガティブになってしまう人はなかなか先に進むことができません。
結婚相談所は前向きになった人のほうがチャンスをつかみやすいので、ポジティブになりましょう♪

相手にゆだねすぎている

仮交際から本交際に進めずにいる方の中には、「相手から申し出があったらOKしよう!」というように考えている方もいます。自分で決断することを避け、すべて相手にゆだねているような状態です。
特に何となく「本交際は男性から申し込みをするもの」といったイメージがあるので、女性側は待ちの姿勢になってしまいがちですが、相手の男性が前に進みかねていると感じているのなら女性から背中を押す一声をかけるのも効果的です。

優柔不断・慎重過ぎる

結婚は人生の一大イベントです。そのため、お相手はじっくり見極めたいと考えてしまいますよね。
しかし、あまりにも慎重になり過ぎると相手にとって優柔不断に見えてしまいます。普段から優柔不断だと言われることが多い方は決断力を高めましょう。

本交際に進めるにはどうすればいい?

本交際に進めるにはどうすればいい?本交際に進めていくためには次のような行動をすると効果的です。

自分の相手への気持ちを見極める

その人と結婚してうまくいくかどうかよりも先に考えたいのが、自分が相手をどのように思っているのかということです。
日々「会いたい」、「もっと一緒に居たい」という気持ちが強くなっているのなら、その気持ちを大切にしましょう。反対に相手と一緒にいるときに居心地の悪さを覚えたり、次に会うのを不安に感じたりしている段階で本交際に進むのはおすすめできません。

次のデートで見極める

まだ決断しかねているということであれば、次回のデートで自分の気持ちをはっきりさせると心に決めましょう。
「もし、本交際に発展したら…」とイメージしながらデート中に過ごすと本当にその人が自分に合っているかどうか見極めやすくなります。

告白はシンプルにわかりやすく

本交際に進むための告白をする際に、回りくどい言い方をしても触りません。恥ずかしい、またはカッコつけたいという理由で長々と伝えてしまう人もいますが、シンプルに「結婚を前提にお付き合いしてください」と伝えましょう。

なかなか本交際に進めず悩んだら

なかなか本交際に進めず悩んだら
どうしても本交際に進めずにいるのなら、その時こそカウンセラーの出番です!
カウンセラーはこれまでにたくさんのカップル成立を見てきているわけですし、反対にどのような2人が合わないのかなどもみてきています。
なかなか自分だけでは決断ができずにいる場合、アドバイスを求めてみましょう。
また、相手と会ったり、連絡をしたりする回数を増やすのもおすすめです。やりとりが少な過ぎるために相手のことを見極められていない方がたくさんいます。情報量が少ないと判断ができませんよね。ちょっとした挨拶や何気ないやりとりを増やすこと心がけましょう。

前向きな行動を

前向きな行動を
できる限り失敗しないように相手のことをしっかり見極めてから本交際に進もうと考えてしまうと、どうしても時間がかかります。その姿が相手にとって優柔不断に見えてしまったり、頼りなさを感じさせたりすることもあるのです。
本交際に進まないことに悩んでいるのなら、自分から積極的に動くことが大切。
相手が待ちきれずに離れてしまった時に後悔しないように、誠意を持って向き合っていきましょう。人生を左右する大きな決断なので迷ってしまう気持ちもわかりますが、あくまで結婚ではなく本交際の段階なので積極的になりたいですね。
■アドバイザーの紹介
チーフアドバイザー 大前 美翔
1972年生まれの東京都出身。28歳で起業し、30歳でワンランク上の結婚相談所「株式会社ハッピーカムカム」代表取締役に就任。

キラキラハッピーカムカムキラキラ
ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら

関連する記事



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.