ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

婚活道場

怒る彼女の対処方法~女性が感情的になりやすい理由とは?~

2017年1月4日

こんにちは、ハッピーカムカムの大前です(*^▽^*)
男性と女性では物事の考え方が違うものですよね。
男性の中には、彼女がすぐに怒って困っているという方もいるのでは?
具体的にどのような対処をすれば良いのかわからず、頭を抱えている方も多いです。今回は怒りやすい彼女を理解するポイントや、効果的な対策についてご紹介するので、参考にしてみてください♪

彼女が怒る理由は?なぜ女性は感情的になりやすいのか

彼女が怒る理由は?なぜ女性は感情的になりやすいのか
女性は男性に比べて感情的な生き物といわれることが多いですよね。
具体的にどのようなポイントで機嫌を損ねやすいのかを理解しておくと、対策が取りやすくなります。

気持ちを察してくれない、期待を裏切られた

「言葉にしなくても分かって欲しい」という気持ちを強く持っている女性もいます。そのため、自分が望んでいたのとは違う反応や態度が帰ってきたときに苛立ちを感じてしまうんです…。

自分のことより周りを優先された

最初に彼女とデートの約束をしていたのに、急な飲み会が入ったなど後からの用事でデートを断ったりすると、他の人を優先された気がして機嫌が悪くなります。

ケース別に怒る彼女への対処法をご紹介

ケース別に怒る彼女への対処法をご紹介
女性の怒りは少しずつ蓄積していくものです。大切なのは、彼女の怒りが爆発してしまった時の不機嫌具合に合わせて最適な対策を取るということ。
軽度から重度まで対策をみていきましょう!

軽度

明らかに彼女の機嫌が悪くて不機嫌、または会話を避けて黙っているというような状況が起きているのなら、静かに怒っています。
この段階ではまだ怒り爆発というよりも沸々とした怒りを溜め込んでいる状態なので、まずは謝りましょう。
残念ながら怒りが軽度の段階で彼女の機嫌の悪さに気づける男性は少ないです。
だからこそ、このタイミングで謝ることができると高評価だといえるので彼女の機嫌も良くなるはず。誠心誠意謝れば許してくれる可能性も高いですよ☆

中度

ちょっとした小言が増えたり、彼女が自分の友人に彼氏のことを相談しているようだといった段階は怒りゲージでいうと中度です。
ここでも同じくまずは謝ることが大切。その上で彼女が何に対して怒りを感じているのかきちんと話を聞きましょう。
軽度よりも怒りが膨らんでいるので、ちょっとしたプレゼントを用意して機嫌を取るのも効果的です。物で釣っていると思われるのがイヤな方は、手料理を振る舞うなどしてみてはどうでしょうか。
それから、無事に仲直りできたとは「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えることも大切。怒りも収まりやすくなります。

重度

イライラもMAX!ここで対応を間違えてしまったりすると別れ話にも繋がりかねません…。
彼女の中で苛立ちが重なり、それが爆発してしまった状態です。
気をつけなければならないのが、泣いたり感情的になって怒りを爆発させている彼女は自分自身でも気持ちの整理がついていないケースが多いということ。
感情的になっている段階で何に怒っているのか説明を求めたりすると、状態が悪化しやすくなります。
思い当たることがあるのならまずは謝り、彼女が落ち着いたところで話を聞くようにしましょう。
抱きしめてあげたりすると彼女も安心するはずです。
いずれにしても、彼女の怒りが爆発する前の段階でできる限り対策をとりましょう
女性としても、怒るとヒステリーに思われてしまうという不安から普段は面白くないことがあっても自分の感情を隠そうとする方も多いです。
だからこそ男性は彼女が溜め込んでいる怒りに気づけないわけですが、普段から彼女の様子を観察し、イライラを溜め込んでいるようなら早い段階で対策をとることが大切だといえます。

彼女が怒っているときに絶対にやってはいけないNGリスト

彼女が怒っているときに絶対にやってはいけないNGリスト
彼女が突然怒り出したりすると、どう対処すれば良いのかわからず焦りますよね。
そこで男性が取ってしまいがちなNG行動があります。
次の3つに注意しましょう。

怒っている理由を聞く

彼女が怒っている理由が全くわからないケースもあるはず。ですが、そんなことを言われた彼女は「どうしてわからないの!?」とさらなる不満を感じてしまいます…。
大好きな彼氏には自分のことを理解して欲しいという気持ちからです。理由を聞き出すのではなく、彼女をなだめ、自分から話してくれるのを待ちます。
どうしてわかってくれないのかと聞かれたのなら、「わかってあげられていなくてごめんね。これから、気をつけるね」と伝えるだけでもかなり違ってくるので意識してみてくださいね。

逆切れする

男性の方が力が強いので、逆ギレしたりすると彼女怯えさせてしまいます。
これが原因で別れ話に繋がってしまう可能性も。
「やっぱり私のことなんてわかってくれない」という気持ちが生まれ、距離を置かれてしまう可能性があるんです。

言い訳をする

彼女が怒った際に、「でも」とか「だって」と言い訳をしていませんか?
感情が爆発している時に言い訳をされても彼女には響きません。また、それが正論だったとしても、イライラしているときに正論をぶつけられるとさらに腹が立つものです。
言い訳をするにしても彼女の感情が落ち着いてからにしましょう。

何も言わずに距離を取る

怒ってばかりいる彼女の相手をするのが面倒に感じてしまうと、距離を置いてしまうこともあります。
ですが彼女からすると、「私を理解しようとする意思すらない」という表現に見えてしまうのです。

謝ってもなかなか状況がよくならないときは?

謝ってもなかなか状況がよくならないときは?
彼女の気持ちを落ち着けるためには誠心誠意謝ることが大切。ですが、それでもなかなか機嫌が直らない場合の対策をチェックしましょう。

贈り物して機嫌を取る

とりあえず何か贈っておけばいいでしょ?と考えるのではなく、誠心誠意謝ることをサポートするためのアイテムとして贈り物を用意しましょう。
ただプレゼントするのではなく、きちんと彼女に謝ることも大切です。

食事に連れていく

甘いものが不足するとイライラするので、一緒に甘いものを食べに出かけましょう!食事に出かければお互いに無言でいるわけにもいかないので、自然に会話の糸口を見つけられるはず。

ある程度時間を置く

彼女の気持ちがヒートアップしているときに謝ってもなかなか響かないこともあります。
こういったケースでは一度時間を置いてみるのも効果的。ただし、誠心誠意謝った上で彼女が落ち着くのを待つようにしましょう。
ただ単に「放置されている」と感じられてしまうと逆効果です。

女性の気持ちを理解しようとする考えが大切

女性の気持ちを理解しようとする考えが大切
彼女が何に対して怒るのかよく理解できずにいる方は、例えわからなかったとしても理解しようとする姿勢を見せることが大切です。
お互いに考え方の違いなどはありますが、相手が「どうせわからないから考えなくていいや」という姿勢でいるのと、自分のことを理解しようと一生懸命になってくれているのとでは感じ方も違いますよね。
恋人とのすれ違いは言葉足らずなことが原因で発生することが多いです。頻繁に喧嘩して悩んでいるのなら、今以上に会話する努力をしましょう。
もちろん、彼女があまりにも怒りやすいタイプならそれは改めてもらうことも大切。きちんと話し合いをして解決したいですね。
■アドバイザーの紹介
チーフアドバイザー 大前 美翔
1972年生まれの東京都出身。28歳で起業し、30歳でワンランク上の結婚相談所「株式会社ハッピーカムカム」代表取締役に就任。

キラキラハッピーカムカムキラキラ
ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら

関連する記事



Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.